セックスまでいく事はその日はありません

チンポ入れる気持ち

風俗に流れてくる女初めてのお客さんが、ウェブサイトの写真を見て予約してからお店に来ることもあるのですが、私の写真は目のところに線を入れて顔を隠してもらっていましたし、胸の大きさも画像修正していなかったので、そのパターンはまずありませまだ多くはないですが、これまでのご指名は全て、一度指名なしのおまかせで入ったお客さんからのリピートでした。
店長さんからは「リピート率がいいね。がんばってるね」と言ってもらっていました。多分前に一度会っている人よね。どの人かなあ?そんなことを思っていると、ボーイさんに案内されて私を指名してくださったお客さんが現れました。ご指名の遥さんです遥です。こんにちはリ……リRちは…緊張気味のそのお客さんの顔を見て、私はびっくりしてしまいました。
不測の事態の、野田さん?思わず固まって、そのお客さんの顔を見つめてしまいました。やっぱり、どう見ても、毎朝あのビルで挨拶をしている、見慣れたスーツ姿の野田さんでした。会社帰りなのでしょう。野田さんも不思議そうに私を見ていました。(ど、どうしよう……こんなところを見つかっちゃった……)私は内心慌てましたが、それが表情に現れる前に、野田さんが不思議そうな顔でこう言ってきました。
「あの……ど……どうかしましたか?」え?
そ……そうか、二次変身中だった……
私自身でさえ別人みたいと思うメイクに、野田さんは何も気が付いていなかったのです。私の態度が変なので戸惑っていただけでした。(だったら、コンパニオンとしてきちんと接するべきよね)私は気持ちを立て直して、野田さんをお部屋にご案内しながら適当に言い訳しました。
「あ……いいえ。御免なさい。ご指名をいただいたから、以前お会いした方かなと思ったんですけれど、思い出せなかったもので」お店では絶対会ったことがないはずなのです。
「ここに来たのは初めてなんです」やっばり?二人で個室に入って、いつも通りあらためてご挨拶しました。
「遥です。よろしくお願いします。今日はご指名ありがとうございました」
「は……はい………よろしく……」
服を脱いじゃいましょうか?もっと高級なお店は、コンパニオンがお客さんの服を全部脱がせてあげるのだそうですが、ここは大衆店なので、お客さんがさっさと自分で脱いじゃうのが普通なんです。あ……はいでも、野田さんはなんだかそわそわしていて、自分のYシャツのボタンを外すのも大変みたいでした。
「でも、ここ初めてだったら、ご指名はどうして?」ボタンを外すのを手伝ったり、野田さんが脱いだ服を受け取ってハンガーにかけたりしながら、私はさっきの続きを聞いてみました。
「お店のホームページで写真を見たんです」でも、遥の写真は目のところに線が入ってたでしょ?ちゃんと、顔が分かる若くてかわいい子が他にもたくさんいたの「そうなんですが……目に線が入っていても……優しそうな人だなと思ったもので……」衣装と下着を脱ぐところを野田さんに見せながら、私は微妙な理由だなあと思いました。
「そうですか?ありがとうございます。目の線が外れても、がっかりしませんでした?ほら、胸も小さいんですよ」私はブラジャーを外して、裸の胸を野田さんに見てもらいました。こんな恥ずかしいことも、ここでは当たり前のように出来るから不思議です。野田さんの方が、少しどきっとしてくれたみたいでした。
「いいえっ。よかったです。やっばり」この返事は今までで一番はつきりとしていたので、ちょよっとうれしくなりました。
先に、お湯に入りますか?は……はい一度お湯に入ってもらった後、腰掛けに座ってもらい、私は野田さんの体を正面からスポンジで洗い始めました。いつもよりちょっと丁寧だったかもしれません。
「こういうお店はよく来るんですか?」前から手を回して、軽く抱き寄せるようにして背中を擦りながら、耳元で聞いてみました。いえ……初めてです「どうして、来る気になったんですか?」えっと……あの……野田さんは答えにくそうでした。普通のお客さんにはこんなに根掘り葉掘り聞きません。知っている人だったので、Cい聞いてみたくなったのですが、やりすぎたかなと思いました。
「あ、いいんですよ。

風俗で働く女性が寝

ごめんなさい。
お店の前を通りかかって、ふらっと入ってくださるお客さんもいれば、一週間前から
体調を整えて来てくださるお客さんとか、わざわざ高いお薬を飲んでから来てくださるお客さんもいて、色々ですから」
「なんか……うまくいかなくて……」私は背中を擦っていた手を戻し、野田さんの顔が見える位置に戻りました。お仕事がですか?「やることなすこと全部かなあ……」
「そう……そういうとき、ありますよね」野田さんの手を取って、スポンジではなくてソープをつけた手で直接撫でながら、私は言いました。私にはよく分かるような気がしました。
私自身が何度もそういう状態になりましたから。それに、いつも誰かに謝ってばかりいる野田さんの姿も見ていましたから。(気分転換に来たってことね…だったら、うんとリラックスさせてあげなきゃ)単純にそう思ったのですが、野田さんのお話にはまだ続きがありました。
「僕はそういうときばかりなんです。その上………最近、立たなくなっちゃって……」ほら……こんな感じです野田さんが落とした目線の先では、野田さんのおちんちんが、確かにふにゃんと下がっていました。
ちょうど、そこを洗う順番だったので、手にソープをつけて、軽く握るようにして前後に動かしたり、先をそっと撫でたりしてみました。あ……う……:野田さんの体がぴくっとして、少し大きくなりかけても、手を離すとすぐ柔らかくなってしまうのです。
「触られても、気持ちよくないですか?」
「気持ちはいいんですけど……でも最近、ずっとこうなんです」彼女にしてもらっても?「〇年くらい彼女はいません。ひとりで………するときも、ちゃんと立たない内に出ちゃったりして………」
「そうなんですか……どうしちゃったのかしら?」
「女の人にしてもらったら、違うかなと思ったんですが、やっばりだめみたいですね。ここじゃなくて医者のところに行って、高い薬を方してもらうべきだったかな?ははは」野田さんは自虐的に笑って、おちんちんと同じように、かくんと下を向いてしまいました。それが今日、野田さんがここに来た一番の理由だったのです。お店に出始めてまだ日が浅いとはいえ、立ちにくいお客さんはこれまでも何人かいました。でも、これほど感度が鈍い人は初めてでした。
デリヘル慣れしていない方が好かれたりします

熟女風俗嬢の乳首がかたくなってい

肉棒に絡みついてく(さっき、お薬を飲んでくる人の話なんかしなければよかった。でも、困ったなあ……どうしたらいいのかしら?)まだまだ経験の浅い私は、途方に暮れそうになりました。そのとき私は、菜々子さんとのある日の会話を思い出していました。
「ここの店、割と安い方だからさ、風俗初心者とか若い人がよく来るんだよ。童貞の人が筆おろしにくることも結構あるんだよ」菜々子さんはそう言っていました。
「あはは。筆おろしっていうんですねえ。
おもしろおい」
「あんたと話していると、ときどき調子狂うよね。まあ、それはいいけどさ。若い子とか経験の少ない人は結構デリケートだから、気をつけてあげなよ」
「男の人が?デリケートなんですか?」
「そうだよ。エッチに関しては男の方がずっとデリケートなんだよ」
「えーつ。そうなんですか?」ちょっとしたことで出来なくなるからね。緊張しているとか、気に障ることを言ったとかしたとか、してるときの顔が可「愛くないとか、匂いが合わないとか……あたしの場合は『重い』っていうのもあったかな?」あははは「ちょっとお。何笑ってんのよ。マジで教えてあげてるのよ」あ、すみません……まあ、どっちかっていうと、エロさむき出しでしゃぶりつかれた方が楽だね。
こっちが何もしなくても喜んでくれるから「そういうものですか?大変そうですけれど」
「逆に、せっかく来てくれたお客さんが最後まで出来なくて、『ごめんね、立たなくて』なんて言いながら帰ったりすると、あたしの方が落落ち込んじゃう」
「お金返せって言われないなら、その方が楽でいいような気がしますけど、そういうものなんですね。でも、それって、菜々子さんが優しいからじゃないですか?」
「何言い出してんの?あんたバカじゃないの?」菜々子さんは照れたとき、よくこんな言い方をします普段はどうしてだか、わざとがさつに振舞っているみたいなんですけれど、本当はすごく可愛い人なんですよ。
その話をしたときは、菜々子さんの言ったことが完全には分からなくて、ちょっと不思議だったのですが、野田さんを前にして、やっと理解できたような気がしました。菜々子さんほどのプロ意識は持っていないのに、私は野田さんをこのまま……立たないまま帰したくないと、確かに思っていました。でも、こんなときどうしたらいいのか、そこまでは菜々子さんから教わっていません。限られた時間内に、それを自分ひとりで解決しなくてはならないのです。640.久しぶりに、自分の中のどこかに火がついたような気がしました。途方に暮れてしまいそうな気がする反面、滅多に持つことがないきっと何かできるという自信が、なぜか私にはありました。具体的にはノーアイデアなんですけれど。野田さんと同じような心境になったことが何度もあったせいかも知れません。

風俗と比べると金額

セックスをしているカップルはあまりいないんじゃないかなと俺は言う
いいことが何にもない……恋人がずっといない……あたしなんて、何のために生きてるんだろう:……そんな風に思って落ち込んだことが何度も。そういう人の気持ちなら、私は誰よりも分かるんです。そんなとき、どうしたら気が楽になったんだっけ……?考えてみましたが、すぐには考えがまとまりませんでした。(感じた通りにしてみよう……:鍵は私自身がきっと持っているはずだ……)私は野田さんの体の泡をシャワーで流しながら、聞きました。
「あの……もう一度、お湯に入りますか?」は、はいうなだれていた野田さんが、はっとして顔を上げました。おちんちんも、こんな風になるといいのにと思いました。
「遥も一緒に入っていいですか?」どうぞ一緒にバスタブに入って、ここで潜望鏡をするのが菜々子さんから教わったパターンなのですが、さっきの様子では今は喜んでもらえないだろうなと思ったので、その代わりに野田さんの肩や腕にお湯をかけながら撫でてあげました。でも、野田さんは困ったような顔をして、何も言ってくれません。
「お客さん、遥と一緒にいるの、つまらないですか?」申し訳なくなって、私から聞いてみました。そ、そんなことないです。遥さん素敵だし、体を触ってもらうと気持ちいいんですが……何か悪くて……何をしてもらっ立たないから?「いいじゃないですか。
そんなの」私は野田さんの首に手を巻きつけるようにして、顔を近づけました。
「もう一回聞きますよ。遥と一緒にいたいですか?それとも、もう帰りたいですか?お金なら、お店に内緒で遥が全部お返ししてもいいですよ」
「いえ……い、一緒にいたい………」野田さんは迷わずに答えてくれました。ほんと?「本当に遥さんと、もっと一緒にいたい……:立たないかも知れないですけれど……」うれしい…本当にうれしくて、私は野田さんとそっと唇を重ねました。舌と舌が挨拶のようにつんつんと当たって、やがて絡み合い出しました。毎朝挨拶している野田さんとキスしているなんて、舌を絡めているなんて、なんだか不思議な感じでした。そのまま私の方が甘えるようにして、野田さんの首のあたりもたれかかりました。何の作戦もありませんでしたが、思
いついたことを小さな声で言ってみました。
「わたしもね………ずっと、いいことなかったんですよ……」
「がんばっても……苦労しても……何もいいことないし。みんな、私より幸せそうだし……」は……塑わく……野田さんが私の両肩をそっと抱いてくれました。
「よかった。私より、落ち込んでいる人に会えて。そんな人、いないと思ってた」はは。そりゃ、ひどいなあやっと野田さんが、少しだけ笑ってくれました。
「だって、そういう人じゃないと、こんな話をしたって分かってもらえないでしょう?」
「そうか……そうだね……確かに僕、遥さんの気持ち少し分かる気がします」
「そうでしょ?だから、よかったって言ったの。お客さん好き」私たちは改めて、長いキスをして吸い合いました。
クリトリスの圧迫下半身に近づけ

エッチなことに敏感になってしまうのだいろいろな思いが頭に浮かんでは消えた処女用

本当はこの辺でマットブレイに移って、あのじょりじよりもしてあげるところなのですが、それも止めておくことにして、こう提案しました。
「ねえ、もうべッドに行きましょうか?」は、はい……私たちはバスタブを出て体を拭き、すぐ横にあるべッドの上にふたりで乗りました。
「最初はお客さんが下になりますか?それとも私?」
「あ……じゃあ、すみませんが僕が下……からお願いします……どうしたらいいか、よく分からないんで」
野田さんが素直に仰向けになると、改めて唇を合わせてから、私は少しずつ口と舌を下の方へ移動させていきました。まずはリラックスしてもらおうと思ったんです。あ……う……乳首を紙めてあげると、野田さんから少し声が漏れました。
「乳首、気持ちいいですか?」
「『女の子ほど乳首は感じないんだよ』って言う人もいましたけど?」
「うん……気持ちいいっていうか、くすぐったくて『してくれるのがうれしい』っていう感じです……あ、でも、気持ちいい。やっぱり」
「ふふふ。やっばり男の人はよく分かんない」そのまま、私は野田さんの体中をソフトにキスして郡めてあげました。足や手の指先まで丁寧に。もう、いつものパターンとは全然違います。
「すごい……女の人に、こんな風にしてもらったのは初めてです:·気持ちいい……」
「そろそろ、この辺もしてみましょうか?」私は、柔らかい野田さんのおちんちんの上にそっと手を置いてみました。う……野田さん自身はぴくっと反応しましたが、おちんちんはさっきと同じような鈍い反応でした。(リラックスはしてくれたみたいなのに……:でも、いつまでも柔らかいおちんちんて、よく考えたらあんまり触ったことないわよね……最初柔らかくても、すぐ固くなっちゃうし……何か、面白おい)
そんなことを思いながら柔らかいおちんちんを撫でていると、野田さんの方からこう言ってくれました。
「あ……あの……今度は僕が、遥さんの体を撫でてあげたくなってきました」
「そうですか:じゃあ、してください。下になりますね」その申し出にウキウキしながら私が下になって仰向けに横になると、野田さんは上から覆いかぶさってきて、まず首筋に唇を這わせてきました。すごくやさしいタッチでした。
「あ……あん………気持ちいい……」本当に気持ちよくて、私は思わずすごく甘ったるい声を出してしまいました。菜々子さんからは、「声はお芝居でもいいから出すのよ。恥ずかしがらずに、なるべく甘く可愛く。お客さんが盛り上がるし、自分も自分の声に賑されて盛り上がってくるときがあるからさ」

小資本で独立できるということを知ったからです

プレイは沢村のガウッ
とよく言われていましたけれど、このときは最初からお芝居ではありませんでした。野田さんの指や舌使いは丹念でやさしくて、強弱のアクセントが絶妙でした。
「お……お客さん……上手なんですね……あん……すごく……気持ちいい……どうしよう……遥の方が夢中になっちゃ
う……ああん……」
「さっきの遥さんの真似をしてるんですよ。僕にしてくれたみたいに、本当は自分がされたいのかなって思って……」あ、そうか……だから、気持ちいいんだ……:野田さんを助けたいなんて思っていても、結局自分がしてほしいことをしていただけなんて……それを野田さんに見透かされていたなんて……声よりそっちの方が恥ずかしくなってしまいました。
(あ……菜々子さんが好きなやつも、私、さっき野田さんにしていたんだ……ほんとだ……肩を口でばふばふされると、ちょっとくすぐったくって、なんか気持ちいい……知らなかった……)やがて野田さんの舌と指は、私の胸に差し掛かってきました。
「ああっ……すごおい……のだ……お客さあん……」乳房をやさしく採まれながら、乳首をきゅっと強めに吸われたとき、思わず我を忘れて野田さんの名前を呼んでしまいそうになりました。わっ。いけない……でも、野田さんは何も気付かない様子で乳首を抵め続けていました。(よかった……危なかった……今日は絶対夢中にならないようにしなきゃ……気をつけないと……はあん、でも……)
ときどきお客さんの方が上手で、夢中になってしまうことが、これまでもあったんです。そういうとき、後で菜々子さんに報告したら「どっちがお金もらってるの?プロなのよ。あたし達は」って、怒られH61確かに菜々子さんは年季が入ったプロですけれど、私はしょせんにわか仕込みですから、多少は仕方ないですよね。
とは言っても、そんなことじゃだめなのは分かっていますし、今日は特に野田さんの問題を私が解決してあげないといけないのですから、なおさら気をつけようと固く決意しました。でも、野田さんの指や舌が私の体をスローに這っていくにつれて、それもどんどん怪しくなってきました。
野田さんは私の足の指先まで紙めてくれました。指を紙めるときは、口の中に唾液をいっばい溜めてすると、ぬるぬるしてお客さんが気持ちいいと菜々子さんに教わっていたので、私は野田さんにそうしてあげていたのですが、さすがにそんな細かいコツまでは、野田さんには分からなかったみたい。でもそんなところまで既めてくれるなんて……と思って、きゅんとしてしまいました。やがて野田さんは、私がしてあげたコースを全て辿り終えました。私は気持ちよくて、とろーんとしながらも、ここでブロとして主導権を取り返さなきゃと思ったのですが、当てが外れてしまいました。


肉棒に絡みついてく 下半身ばかりが後ろ デリヘル利用者の中にお金払っているので横柄な態度に出ても大丈夫と考えている人がいます

下半身ばかりが後ろ

デリヘルで男とふ

エッチすることで金を得ている女子もたくさんいるのだ野田さんがそのまま私の両足を広げて、腰まで浮き上がるほど持ち上げてきたんです。私は丸まったエビのような恰好になりました。
「あ……お客さん。SP……会ずかしい…」私のおまんことお尻の穴が野田さんに丸見えになっていましたし、私からも久しぶりに自分で見えてしまうような恰好こう見えても、体は結構柔らかいんです。バスケ部の当時も、柔軟体操のときは絵梨奈達から「瑞穂すごーい。やってる人みたい」って言われていました。
「もっと……もっと遥さんにしてあげたくなってきた………」
「私はまだ、お客さんのおちんちんをお口でして上げてないのに……」
「いいんです。そんなの。僕がしてあげたい」
「ああっ……お客さん……あああっ!」野田さんの舌が、私の股間とお尻の穴の周囲を這いまわり始めました。最初はちろちろとかくて速い舌使いで。
「はあああん……お客さんの舌……すごおい……はああああっ!」丸まったエビのまま、私は声を上げました。気持ちいいですか?「あああっ……気持ちいいですう……おかしくなっちゃううっ………」お芝居ではありませんでした。あんなに気を付けようと思ったのに野田さんに、こんなことされてる……と思うと、もう夢中になってしまいました。
それが伝わったのか、野田さんも段々と舌の動きが激しく荒々しくなってきて、やがてところ構わずめちゃくちゃに紙めたり吸ったりし始めました。
「あああっ……:ああっ……ああああっ……激しい……すごい……」遥さん……遥さん……どう?「あああっ……気持ちいいですううっ……はあああ……」
「遥さん……指、入れてもいいですか?僕のあそこがだめでも、遥さんを気持ちよくさせてあげたいんです」
「うれしい……してえ……入れて……」
「どんな風にしたら、気持ちいいんですか?」野田さんは女性の奥まで指を入れたことがなかったみたいでした。私だって、最近まではありませんでしたが、このお仕事を始めてからもう何回か入れられたことがあって、上手に気持ちよくしてくれる人がどんなふうにしているのか大体分かっていました。
「手のひらを上にして……力を抜いて……それから、指を少し曲げて。まず一本で、ゆっくり入れてみて……」
「あぁ……そう……上手……それで、出したり入れたりするの……あんっ……そこおっ……今触ってるところを軽く擦るようにして……ああ……もっと早くうっ……あああっ……それ、気持ちいいっ……あああああっ!」野田さんの指が根本まで濡れながら、出たり入ったりずぼずぼ動いているのが見えていました。
「すごい……遥さん、奥までぐちゃぐちゃだ………これ、ローションですか?」
「いえ……それ、遥の奥から出て来るの……ああああっ!ああああっ……お客さん……ねえ……」なあに?遥さん?「やn要……1|本……して…」私はもう、自分がして欲しいことをおねだりしているだけでした。
「リ………トリやいいでゃる。ちょっときついみたいですけれど、痛くないですか?」

セックスとは自分風俗で股間を風俗嬢に預けきって喘ぐだけだ

「はああああんっ!く30……うしよおおお………」
私が大きな声を上げると、安心した野田さんの指の動きもどんどん激しくなっていきました。
「ああああああっいわあつ.……」
ふいに、野田さんの指の動きが止まってしまいました。
「どうしたの?止めないで……もっとしてえ……お願い……気持ちいいのにい……」立ってきた……え?このときの体勢だとちょうど、私自身の体に隠れて、野田さんのその部分の状態は見えませんでした。
「本当?見せて、お客さん」野田さんの答えも聞かずに、私は勝手に足を下ろして体を起こし、野田さんを反対側に押し倒すようにして股間に顔を近づけました。そこには、さっきまでとはまったく違う物が、立派にそそり立っていました。あんなに反応がなかったものが、私が指を入れられて夢中になっている間に。
「わぁ……すごい……どうして?」本当にどうしてなんでしょう?男の人の体って不思議です。何がよかったのか、さっぱり分かりませんでした。多分九○%くらいの状態だったのですが、その姿が私にはすごく健気に見えました。
「えらいね……がんばったね……」本当にうれしくて、私はおちんちんに話しかけながら、先っぽを撫でてあげました。
あうっ……その途端、野田さんが声を上げ、おちんちんはさらにピンと立ち上がってきました。理由は全然分かりませんが、感度が上がっているみたいでした。
「まだ、もっと大きくなるみたいですね?」
あ……遥さん私はただもっと大きくなったところが見たくて、先っぽを紙め始めました。大きくなあれ、大きくなあれって思いなさらに竿の裏や袋も砥めまわして、改めて先っぽを口に含んでずぽずぼと吸ってみました。おちんちんはね、おっきいクリトリスなんだよ。そう思えば、どうしたら気持ちよくしてあげられるかイメージしやすいPS4n菜々子さんはそう言って、おちんちんが気持ちよくなる手や口や舌のテクニックをたくさん教えてくれていたのです。
胸を使うテクニックだけはあんたには無理だねって言われたのが、ちょっと悔しかったですけれど。お客さんからこうした方が気持ちいいって教えてもらったこともたくさんあります。とにかく知っていること、体が覚えたことを全部、野田さんにしてあげました。おちんちんは、していることが合っているのか間違っているのか、すぐに分かるのがいいですね。すごい……口の中で、また一回り太くなった……そう思った途端、さっき指でしてもらってぐちゃぐちゃになっていた私の摩の中も、新しいじんわりで溢れ返ってきました。
お、お客さん……は、はい……「この固いの……欲しいの……もう入れて……:」
「じゃ、じゃあ、ゴムしないと……」
そんなのいいから……ね……私が自分から仰向けになって、足を大きく広げると、野田さんは立ち上がったおちんちんの先端を手で持って、私の十分すぎるくらいに濡れたおまんこの入り口にあてがってきました。つんつんと触れてくる先っぽの感触に、私はもう待ちきれなくなっていました。
「ほ、ほんとに生でいいんですか?」私はゴムをはめるのが下手で、てこずっている間にお客さんのおちんちんが萎んでしまったこともあったんです。今日は絶対そんなことがあってはいけないのです。
「特別よ……その方が、お客さんが感じやすいでしょ?:その代り、中でもずっと固くしていてね……もっと固くして……」
風俗産業が発展している現在

風俗の門を叩こうとしているのでしょう

セックスまでいく事はその日はありませんいっばい突いてね……は……はい……野田さんの為に生でさせてあげるようなことを上から言ってしまいましたが、一番の理由は、私自身が待ちきれなかったのです。ゴムをはめる時間すら。
「じゃあ、行きますよ……」
「来てえ……はああ……あああああっ!」とうとう、目いっばい固くなった野田さんが私の中に入ってきました。生で、一気に奥の方まで、ずぷっと。
「はううん……いいっ!動かして……いっばい……」
はいっ……「あああっ………ああっ……そうよお……:これええ……:ああっ……ああっ……」野田さんが腰を前後に動かすと、私の腰も無意識にシンクロし始めて、あっという間に激しい抜き挿しになりました。
「ああっ……ああっ……ああっ·気持ち-ああっ……」これだけ激しいのに、不思議なくらい規則的な動きでした。野田さんの性格なのでしょうか?「あったかい………中でやさしく握られているみたいだ……」
「ああん……本当に、中でまた固くなってきたあ……素敵いっ……あああっ!ああっ!」中でこれだけの膨張率を感じたのは、初めてだったかも知れません。
「遥さんの中、すごくいい……最高だ……」
「ああああん!野田さん、もっと……もっといっばい突いてえっ!」気持ちよくて夢中になってしまい、NGワードを口にしたことさえ、もう気が付きませんでした。
野田さんも気づかなかったのか、お構いなしで、さらに動きを激しくしていきました。
「あああっ……あああっ……あああっ……あああっ……」一旦固くはなってもすぐ終わってしまうかも知れないと、どこかで思っていたのですが、そういう心配は全く不要のようでした。野田さんは本来スタミナのある人なのかも知れません。まったく終わる気配もなく、延々と激しく動き続けて「あああああっ……なんか……おかしくなっちゃいそおっ……」いきそう?遥さん?実は私は、プライベートはもちろん、仕事でもいったことがまだありませんでした。
菜々子さんから話には聞いていましたが、いくって、どういうことかもよく分かっていませんでした。
「あああっ……:あああっ……あああっ……分からない……でも……なんか、もう……壊れちゃいそうですううううっ!」どうやら私はその未知の世界に踏み込もうとしているようでした。
「遥さんをいかせたい……でも……もう……僕が……」
「ああああああっ……のださあああんっ!」も……もうだめだっ!「ああああああああああああああっ!」気が遠くなりかけたとき、突然、野田さんが抜いてしまいました。
「ああん……なんで、抜いちゃうのお?」私は生でしていたことまで、忘れていたんです。ギリギリで抜き出したおちんちんから飛び出した精液が、私の体の上にまき散らされました。わあ……何か……熱い……私は荒い息をしながら、そんなことを感じていました。いつもゴムをしてもらいますから、直に体にかかったことなんてなかったんです。あ。

クリトリスや外陰部を圧迫てあげることが大事ペニスは小さくなっ二回

夜の世界にどっぷ
保田さんのが足に垂れたことがありましたが、あんなこと、このときは思い出しもしませんでした。
「す、すみません……先に出しちゃって……体にかけちゃって……」見上げると、やはりまだ息が荒い野田さんが、私を見下ろして微笑んでいました。
「でも……まさかそんなわけないと思ったんですが、やっぱり……お掃除の相田さんだったんですか……」どうしてばれたのか、私にはしばらく分かりませんでした。
「遥さんは……相田さんは、最初から気づいていたんですか?」
また二人で洗い場に戻って、野田さんの体をシャワーで流してあげているとき、野田さんからそう聞いてきました。
「はい……どうしょうかと思いましたけれど、野田さんの方が気づいてないみたいだったから、普通にきちんと接客しょうと思ったんです」野田さんはふふっと笑いました。
「野田さんは、気が付いていたのに、とぼけていらしたんですか?」私はそうだったに違いないと思って、ちょっと怒ったように言いましたが、それは誤解でした。
「いえ、違いますよ。ただ、ホームページで写真を見たときから、相田さんに口元の雰囲気が似ているなとは思っていたんです。というか相田さんに似ていたから指名したんです。きっと、やさしい人なんじゃないかなあと思って」
T...
「直接見て声を聞いて、やっばり似ているなと思いましたけれど、まさかご本人だとまでは思いませんでした。メイクでこんなに締麗に変わるんですね。女の人って」そうだったんですか……その後の出来事を色々と思い出して、私は恥ずかしくなってしまいました。
「だめですねえ。私って。お客さん相手に夢中になっちゃって……」
「でも、おかげ様で、悩みが一つ解決しました。それにすごく元気になりました。
明日からまた頑張れそうです」
「そう……だったら、よかったです……」でも、全然私のおかげだとは思いませんでした。私はただ我を忘れて気持ちよくなっていただけでしたから。お店が決めた、お別れの時間が近づいてきました。二人とも服を着て個室を出る前に、野田さんは私に言いました。
「あの……はるか……相田さん……今はもう時間がないから、ひとつだけ……」はい?「ちゃんとお付き合いしてください。前から好きでした」こんな場所でいきなり告白されて、私はびっくりしてしまいました。そんな……だって……「考えてみてください。返事は今度、会社で会ったときにでも」
それ以上はお別れのキスで口を塞がれて、しゃべらせてもらえませんでした。その後、私は散々考えて、全て辞めて消えることにしました。ビルのお掃除の仕事も、カティサークも。野田さんが働いているビルで、今まで通りお掃除の仕事をするなんて、もう無理だと思いました。
それから、あんな出来事の後で、野田さんと私がお付き合いするなんて、やっばりあり得ないと思いました。そして風俗嬢としては完全に失格だと思いました。真剣にこの仕事を続けていて、それを私に指導してくれた菜々子さんに合わせる顔がありませんでした。合わせる顔がなかったのですが、私はこの決心を最初に菜々子さんに会って伝えました。菜々子さんは、こういう業界の人らしくあれこれ理由を聞いたり無理に引き止めたりはせず、ただとても残念がってくれました。
「結局、あんたの方が先に辞めるのかあ。やっといい後継者が出来たと思ったのになあ」
「お世話になったのに勝手を言ってすみません。
風俗嬢をお母さんに見立てて甘える

股間を突き出して

でも後継者だなんて、菜々子さん全然辞める気ないくせに」
「だって四捨五入したら、もう三五なんだよ」三〇よりは三五に近いとか、多分そういう意味でしょう。ちょっと高度な冗談だったのかも知れません。私はもうとっくに三五だって、教えちゃおうかなあと思いましたけれど、やめておきました。
「菜々子さんはこのお仕事が好きで、お客さんは菜々子さんのことが好きなんだから、まだまだ、がんばって下さい」
「あたしが励まされちゃったよ。最後まで変な子だよね。まあ元気でね。あたし、あんた好きだからさ、気が向いたらいつでも戻ってきなよ」
「私も……菜々子さん大好きです……」ちょっと涙が出てきました。
私、子供の頃から滅多に泣かないんですけれど。菜々子さんもそういうのが嫌いだから、私を笑わせようとしてくれました。
「念のために言言っておくけど、あたしは男としかしないからね」分かってますよお……「あんたの口で……肩をばふばふされるのは……結構好きだったけどさ」やっと白状してくれたのがうれしくて、泣き笑いになりました。あの高校時代の三人以外に、こんな風に遠慮なく話せる友達ができたのは、ずい分久しぶりでした。
「あ、そうだ。あんたさ…:結局、いった?」別れ際に、菜々子さんからふいにそう聞かれました。ブライベートでも仕事でも私がいったことがないということを菜々子さんには話していたのです。
野田さんとのあのときも、私はギリギリで辿り着けませんでした。いえ……まだなんです私が正直にそう答えると、菜々子さんはうれしそうにこう言ってくれました。
「へえ、まだ知らないんだ。いいなあ。これから先、楽しみがいっぱいあってさあ」どうしたら出るのか教えてくれませんでしたが、っていうのもあるのだそうです。|母が亡くなったとき、もちろんとても悲しかったのですが、長かった介護生活から解放されたという気持ちも正直あったんです。本来なら華やかなはずの二〇代を、ほとんど介護に費やしましたから、これから色々と取り戻すんだって思い
仕事を探したとき、福祉関係は避けました。せっかく解放されたのに、これから他人のお世話を仕事にするなんて絶対嫌だと思ったんです。でもビル掃除と風俗を辞めた後、私が就いた仕事は訪問ヘルパーでした。
一人暮らしのお年寄りを訪問して、お世話をしたり話し相手にフたりするんです。あんなに嫌だったのに、いざ始めてみたら、何だか私らしい仕事だなと思えてきました。掃除や洗濯をしたり、ご飯を作って一緒に食べたりするだけで喜んでもらえて、私と会って話をするのを楽しみに待っていてもらえるのが、こんなに嬉しいことだとは思ってもいませんでした。あのお店での奇妙な経験が、それを気づかせてくれたのかも知れません。相変わらず一人でしたし、相変わらず特別素敵なことが起こったりはしませんが、以前のように私だけツキがなくて不公平だなんて思わなくなりました。早くあの高校時代の三人に会って、今の私のことをもっと聞いてもらいたいなと思うょうになっていました。ある日、私は新しく担当になった一人暮らしのおばあちゃんの家を訪ねました。

お尻から出ている

痴漢プレイでもないのだ基本的
この頃はメイクや髪形やファアッションに、以前よりはずい分と気を配るようになっていて、銀縁メガネも仕事中はしなくなっていました。もちろんあのお店に出ていたときに比べたらごくシンプルなものですが、適度に華やかな方がお年寄りにも喜んでもらえるんです。
「じゃあ、加藤さん。また来るからね。最近、夜は冷えるから、風邪ひかないように気をつけてね」帰ろうとして、玄関を出たところで、ふいに声をかけられました。
「あれ?
相田さん……相田さんでしょ?」あ……野田さん……なんと、偶然、営業で外回りをしていた野田さんと、鉢合わせしたんです。あれから半年以上も経っていました。リ……トリR!ちは路上で、唱嵯にどうしたらいいか分からなくて、まごついてしまいました。でも逃げ出すわけにもいかず、仕方なくご挨拶をして近況をお話ししました。以前と違って隠すようなことは何もありませんでしたから、野田さんは、変な意味じゃなくて興奮しているようでした。
「探したんですよ。以前の仕事のどっちかは、どこかで続けているんじゃないかと思って、それを頼りにあちこち。全然違う仕事をしていたんじゃ、見つからないはずだ」
「私を探していらしたんですか?」
「たった今までずっとね。急に会社のビルからもお店からもいなくなるから、途方に暮れましたよ。本当によかった。もう会えないかと思っていました」野田さんは、すごくうれしそうにしてくれましたが、私は素直に喜べませんでした。
「どうして?何かご用ですか?」
「あはは『ご用』か。調子狂うな。僕、結構必死で探したんですよ」|笑っていた野田さんが、急に真剣な表情になりました。
「あのときの返事を聞くためにね」あんなの、その場の勢いで言っただけで、もうとっくに忘れているだろうと思っていました。私はドキドキしてしまいましたが、やっばりあの直後と同じように、野田さんの気持ちにお応えするわけにはいかないと思いました。
「あの……私は……ああいうお店で働いていて……」
「もちろん知っていますよ。僕、ああいうお店の客だったじゃないですか」
「年もごまかしていたんです。あの……本当はもう、三五歳なんです。ていうか、もうすぐ三六です」
「ごまかしてたって……僕、相田さんの年を聞いたことないですよ?お店のホームページの二八歳のことですか?それなら悪いですが始めから嘘だろうなって思ってましたし、会社で会っていたときは僕より年上だろうなって思っていましたから、別にごまかされていたなんて思ってないですよ。
僕だって年は取るから何年経ってもこれ以上差は広がりませんしね」はい?野田さんは続きを聞こうとしてくれましたが、よく考えたらそれ以外は特にないんです。隠していたことなんて。あ……えっと……ないです野田さんは小さく笑いました。
そのようにして、俺は何人かのヨサゲなD嬢を指名し、会いつづけた。みんな、外れだった。ゲーッというようなのばかりだった。体にさわりたくもないのがつづいた。その時期は、若い子は中断して、自分の年齢に釣り合う中年以降のD嬢ばかり指名していたので、余計だった。正直、うんざりしていた。でも、やめられなかった。俺は一人身で、体をもてあましていた。近くにソーブはなく、手軽なのは、Dだけだった。


セックスまでいく事はその日はありません さらに和んだ雰囲気 肉棒に絡みついてく

下着の上から分かるほど濡れそぼっていました下着もだ

ピンサロで済ます

ただ、あお向けになって、寝てるだけなんだ。さわられて、なめられたり、キスされたりしながら。指入れされると、痛くなくても、痛いとか言って、やめてもらう。時間、早く終わらないかなって、そればかり思ってる。心の中で、舌出してね。いやな客だと、烏肌たつよ。上手な人だと、たまに濡れちゃうけどね。いい気持になって、したいって思うときもある。しないけどね。あたしは、本当は、やさしくないし、明るくない。だからかな、表向きは装ってる。そこを勘違いするお客さんが多いみたい。
少女B20歳。中肉中背。顔が青白い。セクキャバとスーパーの二重生活。彼氏はいるけど、DV。だから、いつも、あちこち、赤くなってる。
逃げようと思ってる。見つからない、遠いところへ。いつ?って。すぐだよ。毎日、つらいよ。朝、起きるとすぐ支度して、スーパー。だって、セクキャバの仕事が深夜までだから、なかなか早く起きれなくて。8時過ぎまで寝てるから、スーパーは、9時半に入らなくちゃならないから、9時にはアパート出るでしょ、1時間もない。
トイレにはいって、コーヒー飲んで、シャワー浴びて。車で出る。毎朝、ばたばた。|彼氏のご飯も作るしさ。作らないと、殴る蹴るだからさ。スーパーは、基本レジなんだけど、人が足りないと、棚の補充なんかもやるし。体がつらい。昼の休憩時間は、何か食べたら、横になって、がーっと寝る。タ方5時には大体あがれるけど、6時までかかることもけっこうある。8時からはキャバだからさ、あせる。二回、部屋に戻って、シャワー浴びて、コーヒー飲んで、サラダくらいかな、二口か三口食べて、お化粧して、ドレスに着替えて、車運転して、キャバに行く。いつも、ぎりぎり。キャバは23時までなんだけど、なんやかやで、0時になっちゃう。おさわりだからさ、客には、おっばいもまれて、あちこちさわられて、いいことないよ。
気持悪。いつも、吐く一歩手前。たまに、トイレに入って、吐く。ほとんどなんにも食べてないから、出るのは水っぽいのだけ。涙がでるね。アパートに帰れるのは、1時頃だね。ストレスがひどくて、ふらふらして、やっと運転して、やっと部屋の前に着いて、なんとかシャワー浴びて、寝るのは大体2時過ぎ。頭がじんじんして、目が冴えて眠れない。彼氏。とっくに寝てるけど、たまに目が覚めて、相手しなくちゃならない。やだ、って拒否るんだけど、力で負けちゃうからさ。疲れるよ。でも、体が反応しちゃうんだ、口惜しいけど。とっくに離れてる。顔見るのもやだ。ときどき、ジンマシンが出る。今、逃げる準備中。もう、行くところはだいたい、決めたよ。三つの勤めは、いつ言うか、考え中。なんで、そんなに毎日、がんばってるのかって。だって、誰も助けてくれないもの。

下着の上から分かるほど濡れそぼっていました下着もだ

セックスではありませんもしあなたのテクニックで潮吹き


ペニスの運命はアリスの手の中にあるアソコにすらうまく

>クンニリングスといいます一人きりなんだ。家には送金してるし。身内なんて、自分の都合ばかり。敵みたいなもんだよ。自分だけ。ほんと、自分だけ。
少女C(21)身長160cm。スリム。0Lとライブチャットのバイト中。この前、21になっちゃった。やだね。なんか、いっぺんにふけた感じ。昼はOLやってる。え?うん、普通だよ。普通のOL。車関係の修理とかの会社。国道に面してる。これ以上言うと、わかっちゃうから。営業業所だし、そんなに大きくない会社だから、女の同僚は3人。
他の二人も20代だよ。一人は結婚してて、子供がいる。普通に接客したり、伝票をパソコンで打ち込んだり。忙しいときもあるけど、まあ、ふだんは、ひまかな。おしゃべりしてることが多い。男の人たちは、いつも別棟の工場のほうにいるから、いつも女だけ。エアコンがきいてるから、職場は快適。給料は安いけどね。手取りで、11万くらい。土日は仕事で、月曜が会社が休みで、あと一日は週のどれかに取れる。週休2日。祝日も休み。家を出て、アパートで一人暮らしだから、給料だけじゃつらくて、ちょっと前から、ライブチャットのバイト、はじめた。友達に誘われて。ん~、実際に会うわけじゃないし、さわられたりもしないから、いいかな、みたいなのりで。|顔出しはオーケーだけど、どこのだれか、実際、わからないと思うから。
友達に聞いて、上を脱ぐくらい、大丈夫かな、と思ったのね。やせてて、自信はないけど。Dカップはあるから。事務所が借りてるマンションの部屋の中、細かく仕切って、ひとつひと女の子の部屋みたいに作ってあるんだ。そこに座ってさ、自分の部屋です、みたいな感じで、パソコンに向かって、ヘッドセットして、待機するわけ。チャットのお客さんが付くまで。最初はほんとに自分の部屋でやるんだと思ってたから、気が楽。今はまだはじめて間もないから、ほとんど毎日かな。事務所に出勤して、マンションの部屋に入って、自分のコーナーで、準備して、始める。夜中まで。1対1のときは、けっこう、ノリで、下も脱いじゃうときもあるよ。お客さんを引っ張りたいから。
M字開脚やって、とかもリクエストされるよ、よく。だって、ね、所詮、チャットだからさ、限界まではサービスしてあげたいじゃない。でも、正直、はじめた頃にくらべると、ひまになってきた。お客さんは新人に流れるし。それに、ライブチャットって、男の人は、満足できないんじゃないかな。うん、よくデートしようって誘われる。でも、お客さんとは、絶対、会う気はない。会ったら終わりだと思うんだ。ていうか、会いたくない。
ライブチャットなんかやってる人は、申し訳ないけど、きっと、リアルでは、つまんない人だと思う。そろそろ、ライブチャットも、おしまいにしようかなと思ってる。つぎ、なにかしないとね。ね、何がいいかな。いまさら、JKですなんて、言えないしさ。飲食店も大変だし。風俗はやだし。彼氏。いないよ。一年以上いない。だってさ、いると、めんどくさくて。あればかりじゃん、デートのときは、最後は、必ずうざくて。あんなの、ちっともいいことないよ。いちども気持よかったことないもん。ぬれないから、痛
少女D(17)
学生とニコ生とJKお散歩と普通のバイト身長157cmいろいろやってるから、忙しいって言えば忙しいけど、普通だよ。みんな、同じじゃない?そんなでもないよ、普通。学生とバイトが基本でさ、あとは空いてるときにやる。それだけだからさ。学校は女子校。
土日と祝日と休みだし、夏休みと冬休みがあるからさ、けっこう、あまるんだよね、時間が。今のバイトもスマホで見つけたし。JKお散歩は、たまに。お金がほしくなったら、やる。最後までやる子もいるみたいだけど、あたしはやらない。散歩して、お茶飲んで、ご飯食べて、事務所に戻って、ばいばいだよ。キスしようとしてきたりも、たまにあるけど、だからさ、好きじゃないんだ、あれが。つていうか、興味はあるけど、まだ、地RJしたことない°.いって?そんなことないよ。


騎乗位素股正常位素股*発射

クンニをしていない証拠ウチ

肉棒が入り込んできそろそろかな、って思ってるし。ただ、めんどくさいだけ。|彼氏?いない。なんか、びんとこないんだ。ニコ生とかはね、夜中、さびしくなったとき。だれでもいいんだ。ただ、おしゃべりじゃないけど、だれかとつながりたいとき。楽しみはね、食べること。友達とさ、なんか食べて、飲んで、おしゃべりしてるのが、楽しい。うん、料理も、好き。トリSリくやるんだ。エッチなこととかさ、ほんとは経験ないじゃん。でも、いっぱい知ってるふりしてさ、ファミレスとかでさ、友達から聞いた話をさ、自分のことみたいに、いろいろ話してるとさ、隣の席のおじさんたちが、聞き耳たててたりしてさ。だから、わざと露骨に、オーバーに言ってさ、からかってあげるんだ。しゃべってるうち、自分でも興奮してきてさ、体が熱くなることもあるよ。だからさ、ほんとは早くしたいのかも。彼氏って、できると、どうなるんだろ、自分でも興味あるよ。実は、バイト先の先輩に、いるんだ。
好きな人が。やさしくてさ。初めての人は、その人になるかもって、なんとなく思ってる。
少女たちの会話FFとかファミレスとかで、おしゃべりが延々と続くあたしの知ってるコでさ、ドーナッツ店でバイトしてる子なんだけど、まじめでさ。丸顔で、汗ふきふき、がんばっお寿司屋さんに就職したのかな。でも、大変なんで、二ヶ月もしないで、すぐやめちゃって。彼氏に浮気されて、別れたのもあって、お金が欲しくて、夜はデリヘルはじめたって。慣れなくてさ、毎日大変みたい。はじめちゃったから、しばらくはやるつもりらしいけど。デリって、もろ風俗てるんだ。話してたらさ、いろいろ教えてくれた。高校出てさ、だもん。カラダ売ってるわけだから。
本番はやってないっていうけど。なめられて、指入れとかされるからさ。ソープはやだって言ってるけど、どうかなそっか。デリヘルやってた子って、あたしの知ってる子にもいるよ。19でさ。デリは昼間やってたみたい。夜はスーパーのパート。でも、デリの写真が親ばれして、勘当されたって。今は、どこにいるのかな。
地元にはいられなくて、どっかにいったみたい。そっちでも、デリやってるかも。だって、一回やっちゃうとさ、やめようと思ってもさ、普通の仕事がばからしくなっちゃうって言うしさ。やめても、また出戻る子もいるみたい。ソーブ、やってる子もいるよ。
「デリだって、地方によっては、オプションであるところもあるって。友達で、やってる子いるよ。こないだ、電話で話したんだけ、離婚して、子供二人いるからさ。面接のとき、店の人に、なるべくやってくださいって言われたんだって。生でやってるって言うから、あぶないから、ゴムつけてやったらって、言っといた。リスクあるのは、女だもんね」
「そっか。ね、さっきのそれってさ、親が直接写真みつけたのかな?」
「いやあ、聞いてないけど、知り合いじゃない?
知り合いがデリの写真見たかして、もしかしたら、みたいな。親に言って。親はデリの写真見ればさ、いくら顔隠しても、わかるでしょ」そりゃ、そうよね「ね、ね、今も、メイド喫茶余って、ある?」あるよ、少なくはなったけど「あたしの知ってるコ、今もやってる。17でさ、秋葉原で、路上でチラシ手渡されて、顔見て、びっくりしたもん、互すっごい厚化粧してた。けつさわられたり、スカートまくられたり、大変みたい。いくらだよ、なんて言われることもあるみたいだよ」ふうん。大変なんだね「うん。卑隈なことばっかり言う客がいて。大変って、言ってた」
「店の中だからさ、JKお散歩とかよりはいいのかな?」

オマンコに彼の友達

風俗に行くのなら事前に爪は切って行った方がいい「基本、喫茶店でしょ。JKリフレみたいなのよりは、ましかなって、言ってた。そっちもいたことがあるって」
「そう言えばさ、マッサージとか、リラクゼーションとか、整体の店って、多くない?」うん、あるある「働いてる子、いるよ。痩せてる子なんだけど、がんばってるみたい。ほとんどのお客はまじめだけど、たまにいるみたいだよ、勘違いしてて、カラダに手を伸ばしてくる客が」だろうね「うん。
仕切りのない店だと、ないんだろうけどね」
「うんうん。開聞いたことある。だってさ、何十分か、体を採んだりするからさ、密着して。隙をみて、おっばいさわられたりとかはするって。ほんと腹立つって」だよね「手を払っても、またさわってきたり、とか」そっか「そういう男ってさ、欲求不満なんだろね」単にスケベなんじゃないの「ほんと、男って、しょうもない動物だよね」
「チャットレデイやってる子、いるよ。O°-°ちょっと、これ見て。ユーチューブ。これこれ。この子よ」
「再生回数、10万以上だね」
「10万じゃないよ、20万近いんじゃない?」
「すご。上半身、ヌードになったじゃん。痩せだけど、色白で、おっばいは、ちょっと縦長で、やわらかそうで、まあまあの形。
乳首は鮮紅色」
「乳首、色白のおっばいの頂点にあって、印象的」
「うん、きれい。女から見ても、きれいだね」
「うん、いい。あたしも、こんなおっばいだったらな。うらやましいょ」ね、JKお散歩でアルバイト中の子も知ってるよ。実はJCで、13歳。FFでもバイトしてる。家ではいい子にして「うん、いるいる。そういう子、いるよ」JDでさ、19歳の子がいてさ、痩せなんだけど、おなかがちょっとでてきてて、やばいって、言っててさ。
おっばい「緒に温泉に行ったとき見たんだけど、いい形。ぷりっとしててさ。うらやましかった。Cは欲しいって言ってるけど。うん、おなかはちょっと、今のままだと、やばいかなって感じ。遊ぶお金が足りないのと、お金をためたいのとで、おさわりパブやD(体験)なんかの風俗でアルバイトしてさ。今はDだけって言ってた。
モト彼にストカーされてて、どっかに引つ越したいって、真剣に考え中だって」
「ね、その彼女、今度、呼んできなよ」うん。でも、忙しいからねそう言えばさ、家出して、友達の家を転々としてる子もいる。18で「ネットの掲示板サイトとかニー1生なんかで、中年や少年と知り合ったりしてる。さくらとして名前を貸したりもしてるし。ネットで下着を売りにだして、援助交際も|持ちかけてる。今は、何人かのおじさんと会って、お金もらって、セックスしてるって。コンビニでアルバイトもはじめてて。なんか、この前会ったらさ、自分でもわけわかんなくなってきたって、言ってた」それ、すごくない?「うん、でも、わたしみたいな子はいっばいいるって、言ってる」


セックスをするかと思っただけで感じて濡れてしまったと言う

そうなのかなあ「あそうそう、友達の友達で、JSで、11歳でさ、JKって偽って、チャットレデイを始めた子がいる。お金が稼げるので、うれしいって。実際、見かけはJKにしか見えない。おっばいはEくらいあるみたい。でも、ライブ·チャットって、そんなに稼げないかも。そりゃそうだよね、要するに、チャットができるだけじゃ、男の人はつまんないもんね。いくら裸になってオナニーとか見せてあげても、実際、会えるわけじゃないし」
「うん、だと思う、今だけじゃない、稼げるの」
「でも、チャットがだめと思ったら、やめればいいだけだから」
「そうなんだけど。いろんな子がいるからね。実際、会ったりする子もいるんじゃない?」
「うん、いろんな子がいるから。14歳のJCでさ、彼氏がいるんだけど、DVに悩んでる子がいるよ。殴られてセックスして、妊娠しちゃって。困惑中、みたいな。周囲に相談してる。その子はネットは好きじゃなくて、やらないみたい」
「うん、たまにいるね、そんな子」
「そうだよ。16歳、JKでさ。男に興味なくて、レズって子もいる。コンビニでバイトしてて、知り合ったんだけど。おっばいがAで、ほとんどないのがコンプレックスなんだって」
「そうなんだ。あたしもAだから、わかる」
「そうなの?あるみたいだけど」パット入りのブラだからそっかやせでAだと、つらいね「彼氏もおっばい、さわってこないもん。気持悪がってさ。がいこつみたいだって」
「あたしもだよ。あたし、腰まわりも肉がないからさ、彼氏、しょうとしないもん。気持悪いって」
またチャットの話で、悪いんだけどさ、IKと自称してるけど、だいぶ前のJKのときの写真を載せてる子がいるよ。実は20歳。チャットレデイ。自分ではネットガールと言ってる。プロフィールに全裸になるって書いてる。自宅から。
と書いてて、ほんとに自宅からもやってるときもあるけど、プロダクションにも所属してて、そこの部屋からが多い。別のサイトにも出演中。メッセージにブログのアドレスを載せてる。他にも載せてる子が何人もいる。ちゃんとリンク張ってるし、ブログ読んだら、ログイン情報まで書いてたりする。ので、住んでる地域ばればれ。他に、ミスドでアルバイト。ときどき、メイドもやってる。プロフには、恋人なし、スリーサイズ88|61ー89、このごろ、おなかが(汗)、っP画いでる「ストレスで、やけ食いするからじゃない?ケーキとか」
「ツイッターでチャットレデイやってるって、書いてる子もいるよ。リンク張ってる。つぶやきは、今夜もインします
今夜もインするね今夜もインするのでよろしくお願いしますみたいな感じ」
「16で、SNSで男と知り合うのが趣味みたいになってる子もいる。13くらいからやってるって。フェイスブックとか、ツイッターとか。LINEも始めたって。
会って、お茶して、お金をくれるおじさんとは、ご飯食べて、後腐れなさそうな人なら、セックスもするってさ。セックスは、小学校に入る前から親戚の年上の子としてて、最初はレイプだったって。いまだに何も感じないって言ってた。体の一部が入ってるというだけ。勝手に入れれば、みたいな。ちっとも楽しくないけど、お金がもらえるから、続けてるって」
「そうなんだ。すごいね、それ。小学生がセックスしてるっていう話はときどき聞くけど。ほんとにいるんだね。良くわかってないから、ゴム使わないでしてて、妊娠する子もいるみたいだし」
「そりゃいるよ。
体見たら、大人の女性顔負けのおっばいしてる子もおおいよね」
「うん、巨乳の子もけっこういる。うらやましいよ」

ペニスを受け入れて

セックスができる

風俗用語ではゲイホモオカマ「あたしは、ネットで知り合ってとかは、ゼッタイ、しない」
「あたしは、するかも。あたしも、小学校のときから、近所のお兄さんとしてるし」はあ。そっかそう言えばさ、17でさ、年齢を19と偽って、遊ぶ金欲しさに、おさわりパブやキャバクラなどでバイトしてる子がいたよ。彼氏がいるけど、秘密にしてるって。こんな同言ってた||20歳の彼とは週二回会って、エッチしてる。彼氏は正直、ヘタ。私が濡れないうちにいれて、勝手にいく。1分くらいしか持たない。三回動いたら、いっちゃったって、私に体重をかける。重い。だから、ヘタというよりは、思いやりがないのかな。
若いから、仕方ないかとがまんしてる。妊娠しちゃって、どうしようと困ってる。そんな感じの話だった。この話には続きがあって。後で、産んだんだ。トイレで一人で産み落としたっていうニュースを聞いて、彼氏と河原に行って、自然分娩。苦労したけど、何とか産んで。そのとき、彼氏が手伝ってくれて、見直したって。それをきっかけに、結婚したみたいふうん。そんな子もいるんだ「うん。いろいろだよね」
「ニコ生って、知ってる?やってる子、けっこういるよ。
あたしの知ってるJKは、彼氏がいなくて、さびしいから、ニコ生にはまってる。いわゆる、ニコ生主。顔出ししてる。基本、上半身だけ脱ぐんだけど、ブラをとるときもある。バスト全部は見せない。というか、乳首だけは見せない。たまに気分で下半身も脱ぐときがあって、リクエストで、M字開脚したり、オナニーすることもある。このごろは本気液も出ちゃうって」たとえば、ネット放送(動画)のニコ生主の放送を見ていると、くらくらします。少女たちの本性がわかる。見せたい、注目されたい、稼ぎたい。多くはバストをちらり程度で、大きさと形が参考になる程度。乳首もほとんどの場合は見えず、大人が騒ぐレベルではない。たまに見えると、大騒ぎする。
大人は自分の彼女や風俗で、バストどころか、下半身まで、すべて見まくって、それ以上をしているのだから。女たちは男の前では、普通に下着を脱ぎ、全裸になり、大股開きをする。ニコ生で興奮しているのは、女を知らない男たちでしょう。と言っても、男もいろいろ。恋人や奥さんがいても、他の女性の裸を見たい男も大勢います。女の裸は、きれいな人もいるが、そうでない人もいて、個人差が大きく、さまざまです。
ニコ生に登場しているJKはたくさんいて、すごい美少女もいる。脱がなくても、着替えは見せる子もいる。こういう子たちはここで止まってくれればいいけど、どうでしょうか。
さらに他の子たちを紹介します。スーパーの棚の補充の早朝バイトの少女すっぴんでやってる。化粧しても、どうせ流れちゃうから。重い。手首と腕が突っ張る。けんしょう炎が治らない。汗汁を流してがんばってる。日中は、JKリフレのバイトもやってるよ。中身は、お客さんに聞いたんだけど、ヘルスっていうのに近いみたい。裸になって、ベッドで添い寝して、いろいろサービスする。はじめ驚いたけど、しばらくがんばるつもり。

吉原の風俗嬢にフェラのか気にするじゃないです

セックスはしていない

風俗に向かう人もいるでしょう

実は友香さんが会社に入ってきたとき、いい子だなぁ、と密かに憧れていたのだった。派遣の女の子をみだりに誘うことを禁止する社則があり、尻込みしているうちに彼氏持ちという情報が入りすぐに諦めたけど。唇からはミントの香りがした。舌を入れると友香さんの舌も絡みついてくる。しばらく舌を絡めていると、んっ、んっと息が荒くなる。演技なのか本気なのかは分からない。舌を絡めながら背中に手を回し、胸を横から採むと、んんっと声が出て唇を離す。
そのまま服の上から胸を採む。Bカップぐらいの小ぶりの胸だが、弾力がある。触ってもいいよ俺はメイド服のジッパーを下ろし、上半身を肌蹴た。花柄の可愛いブラジャーが飛び出したが、すぐに取ってしまう。そんなに大きくはないが、形のいいバストにピンク色の小さな乳首。胸を採み上げ乳首をひねると、あっと声を上げた。そのままむしゃぶりつくと、体をくねらせて気持ちよさそうだ。友香さんの胸を触りながら太ももの間に手を入れると、ゆっくり足を開いてくれた。コットンのショーツの上から股間に触れると、すっかり熱くなっている。隙間から手を入れるとかなり濡れているようだ。腰を上げるように促し、パンティを脱がせる。白いパンティイだったが、レース部分がほつれているのを見逃さなかった。きっと店で用意して何回も洗っているのだろう。ちょっとがっかり。
さすがに指入れは気が引けるので、ぬるぬるの割れ目をなぞりながらクリを攻めると、ああんっ、ああんっと大きな声でよがりだした。とはいっても、まわりの席の女の子もみんなよがっているので、演技かも?胸を採みながら友香さんの股間を攻めていると、友香さんは体をばたつかせ、ああっとイッてしまった。
「気持ちよかったぁ。ありがとね」と言って友香さんは首に腕を回し、再びディープキス。ねえ、脱いで待ってましたとばかりズボンとパンツを下ろすと、不織布の使い捨ておしぼりでカリの部分を念入りに拭き始める。ひんやりしているが、いつも会社で一緒に仕事をしている人に逸物を触られているので何か面映ゆく、気持ちいい。
カリ、幹、玉まできれいに拭き、おしぼりを脇に寄せると、いきなりパクリと呼えてくれた。
テクニックは……、ただ唖えて頭を上下するだけだが、あの友香さんがしゃぶってくれていると思うと、テクニックなんてどうでもよくなってくる。友香さんの背中を撫で、そのままお尻を撫でまわし股間に指を進めると、んんっと口を逸物から離してしまう。そして唾を垂らして手コキへ。見つめられながらの手コキ。今度は胸を採み乳首を攻めると一瞬手コキがおろそかになるのが可愛い。しばらく手コキとおしゃぶりをくり返していたが、どう、イキそう?と聞かれた。時間の計算をしているのだろう。どちらかというと遅めなので、それを伝えると、じゃあ、行くねと手コキのスピードを速めた。

風俗嬢のお尻を私の方に突き出す格好

俺は改めて友香さんの横顔を見て、胸を採んだ。普段会社で胸なんて採めるわけがなく、この機会に感触を覚えておこう。
友香さんの体や口の感触も。そして、イキそうですと伝えると友香さんは手の動きを早め、フィニッシュ。軽くしごきながら最後の一滴まで搾り取り、おしぼりで後始末してくれた。友香さんの後始末も済んだところで、「ミミさん、フラワーです」と店内放送。服を整えた後、キスしていいですか?と言われ、時間ギリギリまで抱き合ってキスしていた。
友香さんに見送られて待合室へ。程なく先輩も出てきてビルの外へ。
「先輩、ありがとうございました」
「よかっただろう。まったくお前は喰わず嫌いなんだから」翌日、会社に行くと普段通り友香さんも仕事をしていて軽く目配せ。でも、やっぱり気になるなぁ。あの服の下に隠された小ぶりの胸。小さなクリちゃんに、濡れた股間。あれは一夜の夢だった。ということはなかった。数日後、誰にもしゃべらなかったことのお礼ということで呼び出され、一緒に食事をし、ホテルに付き合わされて、その後もセフレとして続いている。いつもお客さんから中途半端にいやらしいことをされているので、友香さんのやりたいような形でエッチしている、というかさせられている。騎乗位、バック、極太バイブ……、色々と注文されながら、友香さんは何回も絶叫してイッてしまうのだ。彼氏は鈍感でわがままで自分本位の性格なので、俺とのエッチは気を遣わなくていいとのこと。
俺も決まった相手はいないので、なんとなく続いている。
風俗で働くようになったのは、彼氏がちょっと前まで定職につかずにいて、結婚資金が足らず、友香さんがあてにされていたからとのことらしい。結婚前に風俗なんてと心配すると、本番禁止の店だから平気よと友香さんは答えるが、このカップル、大丈夫

僕の妻は元風俗嬢

僕の妻は元風俗嬢です。僕(まさき):38歳、180センチ、乃キロ、ふつーのサラリーマン妻(ゆうこ)

7歳、

160センチ、B巧WEH8(Gカップ)、乙葉みたいな感じ。|結婚4年です。出会いのきっかけは、道端でした。道でオロオロしている女性を発見し、「どうしました2:落し物ですか?」
と聞いたところ、コンタクト落としてし一緒に探す。でも見つかるわけ無いよ~。しかも超ド近眼らしく、メガネも持ち合わせていないようで、しかたなくメガネ屋まで案内することに。じゃ僕はここでと言うと、「お礼にお茶でもおごりますよ!待っててくれませんか?」と言う。結構カワイイ感じで、ラッキー!と思った自分がいた。連休で暇な私は誘いを断る理由も無く、まぁいっかと彼女がメガネを作るのを待った。最近のメガネはその場で作れるんですね~。1時間ほどで終わり、2人でファミレスへ行く。く世間話をしていると、いつの間に2~3時間ほど経ってしまったことに気付いた。
「あ、仕事行かなきゃ!遅れちゃうー」
「これから仕事?もう5時だよ」今日は夜勤なんです看護士かなんかなのかなぁ、と思ってました。僕も楽しかったので「お礼に職場近くまで送りますよ!」というと、彼女は大丈夫ですよとその場で別れた。そのとき彼女が、「よかったらまた会えませんか?」というので、連絡先を教えた。彼女の連絡先は聞かなかった。どうせかけても出ないだろうと思ったから。それから数日後。出会ったことも忘れかけていたころ、突然夜12時ごろに電話が鳴る。誰だろう?いたずらか?と思い電話に出ると、「遅くにゴメンナサイ。これから会えませんか?」
「どうしたの?:こんな時間に?」ちょっと泣きそうな感じだったのを悟った自分は、「わかった!いまから行くよ!どこにいるの?」こないだのファミレスの近くすぐ行くから待っててね!車でファミレスに行くと彼女がいた。しかし彼女は、「ドライブ行きたいから、どこか連れてって!」
「まさきさんって優しいんだね?ホントにすぐ来てくれた!

 

風俗·人種を経験することはできない

ありがとう!」優しいだけだよ本音はちょっとエッチなことを期待した自分がいた。
「ちょっと色々悩みがあって、聞いて欲しいんだ」
「じゃどっか静かなところに行こうか?」うん!しばらく走り、ちょっと夜景が締麗なところがあるのでそこに着くと彼女が切り出した。
「実は田舎に帰ろうかと思って……」嫌なことでもあったの?|彼女は何も言わない。
しばらくの沈黙の後、「聞いて欲しいから呼んだんだろ?何でも聞くよ」ホントに?驚かないでね?何を?「私、さっきまで風俗嬢だったんだ!でも辞めちゃった。というかクビになっちゃった」風俗嬢?正直びっくりした。
「風俗で働いてるの?てっきり看護士かなんかだと思ってた」
「実はヘルスで働いてたんだけど、今日入ったお客に無理やりヤラれそうになって、ビンタしたらお客が逆上しちゃってね……。そしたら店長にクビだぁーって言われるし、今日は最悪ね。もう田舎に帰ろうかと思ってさ」驚いたが、平静を装って、ふーん。大変だったねとしか言えなかった。
「まさきさんなら聞いてくれそうかな?
って思ってさ。初めて会ったときも優しかったし。こっちに友達いないし」
「たまたま通りかかっただけだよ。性格上、たぶん裕子ちゃんじゃなくてもそうしてた」
「今日はありがとう!なにかお礼しなきゃ!」正直風俗嬢と聞いてちょっとエッチなことを期待してしまった自分がいたが、あくまでも平静なふりをして、「別に話を聞いただけだし、お礼なんかいらないよ」と言うと、彼女が抱きついてきた……。こんな優しい人と出会ったの初めてかも。まさきさんを好きになっちゃった……正直、このシチュエーションは大丈夫?って思った。
「でも今日は遅いからまた会おうよ!送るよ」
「今日は帰りたくない……、今日は帰らないつもりだったの」心の中では嬉しい反面微妙に疑いも……。しかしここまで言われては男が廃る。
じゃぁ一緒にいよううん!彼女は笑顔に戻った。うーん笑顔が可愛い。自宅はちょっと不安もあったので、近くのラブホにIN!彼女は白いニットにミニスカート。
前に会ったときも思ってたんだけど胸がデカい!ウエストも細くて不二子ちゃんみたい。シャワーを浴びバスローブで二人でくつろいでいると、「やっぱり風俗嬢はイヤかなぁ……」どういうつもりだろ?「まさきさんの彼女にして欲しいなぁ~」
いきなりですか?なんか裏はありませんか?シテあげる!いきなり僕のバスローブの中に手を入れて触りだした。
「ペ……きい…まだ立ってないのに?」自分で言うのもなんですが、大きいらしく、たまに痛がられます。大きいなりに悩みはある。先っぽしか口に入らない?ゴメンナサイ……「でもヘルスで鍛えた技でイカせてあげちゃうよ!」楽しみにしてます。しかし私、口ではイケないんです……ゴメンナサイ。彼女は一生懸命してくれます。しかし0分経っても射精感が沸いてこない。しばらくして彼女は下手なのかなぁ………私……

風俗の依存はいけ
そんなことないです。
かなり上手いです
「今までイカなかった人いなかったのになぁ……、ちょっとショック」
「じゃ今度は撲が攻めてあげるよ!」彼女を寝かせ、得意のクンニしながらの指攻めで、あっけなくイッてしまった彼女。
「まさきさん、エッチすごいね~。仕事ではイッてたら仕事にならないから、別のこと考えたりあんまり攻めさせないようにしてたから、久しぶりにイッちゃった」風俗嬢ってやつばそんな感じなんだなと思ってみたり。その後挿入したら彼女はまたあっけなくイッってしまったようだ。
「まさきさん凄すぎ!これじゃぁ彼女さんはカラダもたないでしょ?」実はそうなんです。それが原因でやりたい盛りのときは付き合ってはすぐ別れちゃってました。長続きする彼女もおらず、一人もんでした……。
「裕子ちゃんもカラダもたない?いつもそうなんだよね」ちょっと落ち込む私。
「大丈夫!おっきいからちょっとツラかったけど、たぶん慣れるよ!」あれもう付き合ってることになってません?「そうだね。そう言ってくれると嬉しいよ」なぜかそのとき彼女に優しさを感じた。終わった後しばらく添い寝していると、嬉しさが込み上げてきて私は、
「付き合おうよ!俺も好きになっちゃった」ホント?嬉しい!|彼女は最高の笑顔を見せた。自分の中ではほんの数秒だと思うが色々考えた気がする。
いいのかなぁって……。でも彼女の笑顔を見ると彼女の過去や経歴は気にならなくなった。初めて自分を受け入れてくれる女性がそこにいると感じた僕は、嬉しくて舞い上がってしまい、その晩彼女を何度も抱「え!:もうできるの?さっきしたばっかりなのに8」これだけのナイスバディを見て復活もいつもよりも格段に早い。
「さっきイッたばっかりだから、またすぐイッちゃうよ~あ~んスゴイ!」もっとイカせてあげるよ!「スゴイ~もうダメ!なんか出ちゃうよ~」彼女は潮を吹いてしまったようだ。
「ホントもうダメ~!あぁ~またイッちゃうよ~!イク~!」|彼女はグッタリしてしまった。私はとっさにしまった、またやりすぎたと思い、「大丈夫?
ちょっと頑張りすぎちゃった」
「私のために頑張ってくれたんだから嬉しいよ!こんなにイッたの初めてかも?」添い寝していたらまた彼女を愛したくなって、3回目にも拘らず頑張っちゃいました。そしてお互い精根尽き果てたかのように眠ってしまいました。朝起きると彼女がシャワーを浴びていたので、僕も風呂場へ。昨晩のことを思い出したら無性に燃えてきて、彼女をバックからいきなり突きまくった。
「朝から激しすぎだよ~でもキモチイイよ~、毎日だと壊れちゃうよ~、でもすごく愛されてるような感じ!あ~んスゴい、まさきさん、またイッちゃうよ~!」
「俺もイキそうだよ裕子!好きだよ裕子!」
「中度物-Hして-して!裕子に出して=」
ゴムをしていなかったので中はマズいと思いなぜかそこだけは冷静、フィニッシュは口とGカップのパイズリで。彼女は、「昨日あんなにしたのに、なんでこんなに出るの?」と驚いていた。自分でも不思議だった。2年後、僕達は結婚した。その間、彼女がどうしてヘルスで働いていたかとか色々教えてくれた。僕には全てを知って欲しいと思ったようだ。彼女日く、田舎から出てきてOLしてたらしいが、上司と採めてどうやらセクハラらしい退職。本番しなくても平気だと街中でスカウトされ、なんとなくヘルス嬢に。変なオッサンとかも相手にしなくてはならないのとか、そういうのが嫌になり辞めようと思っていたところにあの事件。
「本番はしたことないよ。だってイヤだもん」と彼女は言う。まぁどうでもいいんだけど。まだ子供はいません。|結婚して4年経った今でも、毎晩彼女の技を堪能し、毎晩彼女をイカせています|彼女はどうしても私を口でイカせたいらしく、毎晩長時間呼えられています。相変わらず口ではイケない僕だったりする……。

 

と選ぶことが良いデリヘルの女性と会

マナミの旦那はどうしてるんだ?ここに入る時、誰かに見られなかったか?マナミは誘ってるんだよな?頭の中でいろいろ考えていた。しばらくしてマナミが現れた。白のブラウスに赤いネクタイ、チェックのミニスカート。あの頃、俺がいつもマイに着せていた制服だった。ブレザーは持ってこれなかったの、これでもいいかな?うん、いいよ、似合ってる「うそだよ、もう7だよ、そんなこと言ってくれるのヨウジさんだけだよ」
そうかな今しかないと思ってマナミの誘いに乗った。
「俺のココ、反応してるし」マナミはそれまでと違った表情だった。やらしい女に変わっていた。
「うちの人は海外出張が多くて、今日もそうなんだ。だから時々これを着て一人でしてるんだ」旦那じゃ満足できないんだ「そうね。あの頃、もうあの人と付き合ってたけど、セックスだけはちょっとね」マナミは俺の横に座っていた。
「ヨウジさんが上手だったから、あの人との不満を解消してくれていた感じだった。コスプレも結構好きだったけど、あの人ってそんな感じじゃないし、今だってこれを持ってるの隠してて、一人で使ってる」マナミの目は潤んでいた。俺はマナミの手を握った。我慢できなくなってきたいいよ、私もして欲しいマナミは握り返してきた。
「あの頃と同じことしてもいいよ」
俺はもう限界を越してしまった。
「じゃ、ここはあの店だ、イメクラをしようか?」うんそれからいろんなポーズをマナミにさせた。パンチラで見えるあの頃と似ている白のマナミのパンツはもうシミができていた。マナミを立たせ、後ろから触りまくる。声を出し始めるマナミ。もう感じてるのマナミの敏感な部分を触りながら聞く。やらしい体だ「ヨウジさんが上手だから、うちの人はこんなにしてくれない」
可哀想に、もっと感じてくれ褒め上手なマナミに乗せられて盛り上がってしまった。指先と舌で何回かマナミを満足させると、次はマナミがしてくれる。あの頃と同じだった。俺の性感帯を覚えてくれていた。ディープキス、乳首、玉、裏筋、丁寧にいやらしく責めてくれた。今日は入れてもいいかな?わざとあの頃と同じように聞いてみた。もう限界だよいいよ、SPJマナミもあの頃と同じ答えをしてくれた。あの頃と同じように、まずマナミが上になって俺のモノを持って挿入する。入り口に宛てがって、アソコの液を塗りつけるように前後左右に動かし、そのまま入れる。初めは痛そうな表情だが、完全に入ってしまうと至福の顔に豹変する。童顔の顔がヤラシイ女の顔に一変するのだ。あの頃と同じだった。マナミが上になって好きなだけ自分で動いた後は、1度抜いてバックでする。それも同じだ。マナミのアソコはあの頃と同じで、狭くて吸い付いてくる感じ。奥まで突いてやると顔を上げて、すぐにでもイクんじゃないかと思うくらいの声を出す。バックで1度イカせて、ぐったりしている体を俺が支えながら上を向かせ、また入れてやる。

そもそもなぜ処女

下半身ばかりが後ろ

互いに知られざる過去を知る良き隣人

うちのマンションの同じ階に3ヶ月前に引つ越してきた夫婦がいた。引越しの時、その奥さんを見て、俺も向こうも驚いた。2年くらい前に嫁に内緒ではまっていたイメクラがあり、そこでいつも指名していた女だった。
1ヶ月に3~4回は行っていた。マイという名前で、常連だった俺の事を向こうも気に入ってくれていたと思う。店に内緒で何回か本番をさせてくれていた。その時マイは2歳だと言っていた。
「学校を卒業するから店を辞めるの」と言ってから、それ以来だった。引越ししてきて、1週間くらいして2人で話をする機会ができた。本名はマナミで実は7歳そうだ。店を辞めたのは結婚が決まったからで、旦那にはあの頃の仕事は内緒にしている。俺も嫁には内緒だったので、お互いにあの頃のことは言わない約束をした。マナミの旦那は銀行マンですごく真面目らしい。もっと話をしたかったが、お互い“良き隣人、でいることを確認してその時は別れた。それから1ヶ月以上経ったある夜、エレベーターでマナミと2人っきりになった。ミニスカートに胸の谷間が見える服だった。マナミは飲んで帰ってきたのか酔っているみたいだった。俺も少し飲んでいた。世間話をしながらマナミの体を見ていた。ヨウジさんマナミは、あの頃俺が使っていた名前で俺を呼んだ。
「目がエッチだよ。そんな目で私を見てくれるのって、あの頃と同じだ」
偽名使ってたのばれたな表札を見たらわかるよ「君だって年を誤魔化してただろ」マナミはクスっと笑って……、「いいの、女は。でもそんな目で見られたら、私もあの頃を思い出してしまいそう」誘ってるのか?俺は酔ってる事もあり、自分のマンションだという事を忘れそうになっていた。エレベーターが着いて2人とも降りた。マナミはバッグから鍵を探しながら「ヨウジさんって、女子高生の制服好きだったよね」と言った。あの頃もそうだったが、マナミは童顔で背も低く、それでいて胸が大きくて、制服を着てもそんなに違和感がなかった。
今でも変わらず、幻歳には見えない。
「そうだったね、でも女子高生の制服がよく似合ってたよ。今でも似合うんじゃない、旦那にしてあげれば」
「無理よ、あの人にそんなことしたら気絶しちゃうかも」そう、どうして「真面目なの。
だからあの頃の事は絶対言わないでね」
「わかってるって、俺も困るし、言わないよ」
「やさしいね、昔からヨウジさんは」マナミは鍵を開けながら悪戯つぽい顔で俺を見た。
「部屋に女子高生の服あるんだ。たぶんヨウジさんが好きなやっだよ」
俺の頭の中でよからぬ想像がめぐっていた。どうして?と聞き返すのがやっとだった。
「お店を辞める時、内緒で持って帰ってきちゃった」ドアの鍵はもう開いていたが、開けないでドアノブを持ったままマナミは言った。
「黙っていてくれて嬉しいから、ヨウジさんに見せてあげたいとちょっと思っちゃった」.....「今からなら、少しくらいいいよ」俺は言葉が出なくて、ドアを開けてくれたマナミの後をついて部屋に入った。待っててねとベッドルームに入っていったマナミを見ていた。大丈夫か?


下半身ばかりが後ろ 風俗で股間を濡らす男の条件三高だの三低だのホントにそんなことで女は濡れるのか三高 吉原の風俗嬢にフェラのか気にするじゃないです

肉棒に絡みついてく

膣内を刺激してもほとんど新たに濡れない

もっとも、少年の心は、本当を言うと、少女は帰ってくる、こない、の繰り返しでしたけれど。さらにしばらくたつと、少年は、《口惜しい》と感じられるようになりました。
つらさが実感できるようになったのです。日に日に、苦しさがつのりました。それとともに、恨みと憎しみも湧いてきました。愛が憎しみに変わったのです。それからも、しばらくの間、少年は毎日、悶々として、よく眠れない日がつづきました。方、その頃、少女は年上の少年の嘘で塗り固めた生活に気がつきます。言うことに矛盾が次々にでてきて、信じられなくなりました。実は少年は無職。ときどきアルバイトをするくらいだったのです。本当は電車賃にも事欠いていました。とうとう本性をあらわし、少女にたかり始めます。少女は愛想をつかし、少年に別れを告げます。
けれど、こちらの少年のところには帰ってきません年上の少年はストーカーをはじめ、いやがらせをはじめます。少女は年上の少年を怖がり、職場と家の往復だけ。怯えています。われらの主人公の少年は、少女が年上の少年と破局したのも知らず、悶々としています。《彼女は僕のものだ。誰にも渡さない》《どうしよう。どうしよう》《どうしたらいいだろう》少年は少女を永遠にしたい。《僕だけのものにしたい。どうすればいいんだろう。どうしたら、できるんだろう》
ようやく、少年は気がつきます。《そうか、僕の心の中に閉じ込めればいいんだ》《そうすれば、彼女は永遠に僕のものになる》《なぁんだ。簡間単じゃないか》少年の頬がほころぶ。
少年は毎日、夢遊病のように過ごしています。
自分でも何をしているのか、わかりません。実際のところ、少年は、いつの間にか、毎日、紙にメモを書いていたのです。少女が去る前、仲がよかった頃から書いていたのですが、いつの間にか、何百枚にもなっていました。それは少女の名前をタイトルにしたものでした。少女のいた日々を書いたメモでしたが、少年にとっては生きたあかしでしたし、誰にも見せない、自分の生涯唯一の本のつもりでした。少年は本当ならハッピー·エンドにしたかったのですが、今となっては仕方ありません。
あまりに集中して書くので、少年は書いたそばから、自分の書いた内容を忘れ、また次の用紙に新しいメモを書きつぎ4642その様子は、まるで狂気の人のようでしたし、実際、狂ったように大喜びで書きなぐっていました。さらにしばらく後。とうとう、少年はメモを書き終えました。最後のページの最後のところに、終わりと書きまし少年はメモの分厚い束を前に、花然としています。《次は、どうしたらいいだろう?》実際は、まだその後もメモは書きつがれたのですけど。書くことが少年の生きるただひとつのあかしでしたから。この頃、散歩も毎日していましたし、他の人の本もたくさん読んでいたようです。書いてばかりでは、頭が砂のようにかさついてしまう感じがして、体と心に、いろいろ刺激が必要だったのでしょう。数日後。少年の心に、ある決心が浮かんでいます。

オマンコに彼の友達

勃起した怒張をゆっくりと押し当てる


セックスのスポットなっているらしく

>風俗に堕ちた女性《殺そう》
おしS2よう《彼女と僕の愛を永遠にするために彼女と永遠にひとつになって生きるために、《もちろん、僕も死ぬ。一緒に死ぬ》《あの人の体の上に体を横たえるのだ》決心すると、少年はいっそう晴れやかな顔つきになった。気持が落ち着いた。高尚な気持だった。決心は高貴なものだった。この世で、自分の決心だけが唯一、大切なものだった。他には何もない。《彼女と僕だけが、この世の大切な存在なのだ》少年はすっくと立ち上がった。《まず、道具を用意する。それから、計画を立てる》少年は財布を手にして、ホームセンターに行く。売り場を探します。ナイフの並んでいる売り場を見つけます。体がぶるっと震えます。見比ベPめます。《これにしよう。よく刺さりそうだ》足ががくがく震えます。レジに来ます。手が震えます。お金を払い、店を出て、大切に両手で商品を握り締めます。家に戻り、手帳に計画をメモします。何度も書き直します。
胸にナイフの先を何度も当ててみます。《うん、この辺がよさそう。彼女の形の良い胸を傷つけないところを刺す。しっかり、ずぶりと。苦しまないように》《でも、そうかな。彼女を傷つけちゃいけない。首を絞めよう》《鼻をつまんで、キスして、窒息させよう》とも考えます。自分の非力は考えずに。※日後、ようやく、計画が決まり、清書します。少年は焦俸して、すっかり痩せています。カレンダーをみて、あらためて平日なのをたしかめ、ナイフをポケットに入れ、ポケットには、他に、身元を明かす何も入っていないのを、何度もたしかめます。少年は黙って家を出て、少女の家に歩いて向かいます。午後の日差しがまだ強いですが、間もなく、少女が一度、家に戻る時間だという気がしています。
少女はアパートに一人暮らしです。実は、少年は用意周到に、最近の少女のコンビニのシフトを観察していたのです。少女の生活時間を調べていたのです。自身では、気がつかないくらい、心を失った状態でしたけれど。少年はじっと、少女の部屋の見える位置に立って、少女が戻ってくるのを待ちました。永遠にでも待つつもりでした。やがて、急に、少年は、自分でもびっくりしましたが、化石したように体が固くなりました。思わず知らず、怖さが足元から湧いてきました。《なんで僕はこんなことを考えて実行しようとしているのだろう?大好きな人を殺そうと考えてしまったのだろう?》でも次の瞬間には、また決心します。
《いまさら、僕は何を思っているのだろう?あれほど考えに考えてきたのに》少年の自問自答は、いつまでも、何度も繰り返されました。《やるの?やらないの?やるの?やらないの?》延々と、少年の心の葛藤はつづきました。


風俗店なら最低限

アソコ見てみたいるの見せてくれるなら見せてあげよう

下着は彼らのシャツしまいには、自分でも自分がわからないくらいに混乱してしまいました。そのとき、少女が通りにあらわれ、ドアを開け、部屋に入っていきました。少年は、自分の心の葛藤にとらわれて、下を向いていたので、気がつきませんでした。大事な瞬間を見逃したのです!部屋の前でたたずむ少年は少女をひたすら待っています。少女が少年を抱きしめてくれるかもしれないと願っているのP
とうとう、少年はあきらめます。《やめよう。今日はやめ。また今度にしよう。
帰ろう》ちょうど、そう思ったときです。悲鳴が響きました。
少年ははっとします。心臓に冷たいシャワーが降ったようでした。少年は涙して、少女の部屋の方を見ました。そのとき、またしても、鋭い悲鳴が響きわたりました。そのとき、少女は、部屋の中で、長い間、クローゼットに隠れ潜んでいた年上の少年に何度も刺されていたのです。少年は少女が部屋に入ってきたのを聞きつけ、タイミングをはかり、クローゼットを開け、無表情のまま少女に駆け寄り、用意してきたナイフを振り回したのです。わけのわからない奇声を発しながら、少女に襲いかかりました。少女はその瞬間、驚きの表情を浮かべます。少女はストップ.モーションのように、その瞬間を長く感じました。けれど、少女は最初こそ、突っ立ち、呆然としましたが、すぐさま、理解し、手で振り払いながら、必死で逃げ惑います。
そのたびに、ナイフが彼女の手と腕を傷つけ、鮮やかな血が流れ出ます。やがて、少女は少年に追い詰められ、二回、三回、四回と、胸と腹にナイフが食い込みます。少女は少年の体を押し返し、身をよじって、逃げます。そのつど、ナイフが体に食いこみます。痛いというより、熱い感じでした。血が体を伝い、腕と脚を濡らします。少年の荒い息づかいが、少女の耳を打ちます。外にいる少年には悲鳴だけが聞こえています。何が起こったか、まだわかりません。突然、少女の部屋のドアが開きました。
少女が服を切り裂かれ、血だるまになって、それでも、運身の残りの力を振り絞って、裸足で家の外まで走り出てきまけれど、少女は追いすがる少年にまた何回も、背中や胸や腹を刺されますついに、ナイフが少女の首筋をとらえます。少女の首から、大量の血が噴き出しました。とうとう、少女は力つき、虫の息で、道路に昏倒します。血が体のあちこちからこんこんと噴き出しています。路上に血が流れ、広がります。それでも、少女は最後の力を振り絞り、生きたい、死にたくない、逃げよう、とあがきます。指がひくひくと動いてい返り血をいっぱい浴びた年上の少年は、少女の大量の血にびっくりして、腰を抜かし、自分も死のうと思ったのなど、すっかり忘れ、懸命に這って、それから、立ち上がり、両手をむちゃくちゃに振って逃げていってしまいました。

肉棒に絡みついてく

ない生活が浮き彫りになった熟女風俗嬢たちセックスに応じてい一方、少年は、呆然としていましたが、ようやく、少女に近づき、少女の体にすがります。少年は少女をゆすぶります。少女の大量の血がべとつき、少年の手はぬたぬたしました。少女はまだ生きています。目が反応しています。少年とわかったようです。手を伸ばそうとしますが、もう動きません。腕からも血が流れています。その目はいつもそうだったように、やさしく、ごめんね、と言っているように少年は感じました。少年の心には少女と愛し合った時間が流れています。《僕は彼女といっばい愛し合った。彼女も、僕を愛してくれた。いつも、ベッドの上で、彼女はブラをとり、ヌードになってくれた》少女の体は、温かいというより、まだ熱々です。
少年は少女を抱いて、少女の体温をいつくしみます。けれど、すぐに、少女の目の光が失われました。少女は死んだのです。少女の体の熱は、大量の出血のせいで、急速に失われました。ついに、少女の体からは熱がなくなり、冷たくなりました。少年は驚いて、少女を放してしまいます。少女の体がどさっとアスファルトに落ちました。目をかっと開いたままの少女の顔は横を向き、口と首から、さらに残りの血が流れ出ました。少年は愛した少女を見つめます。今はむくろになった大切な人を見つめます。永遠に目の中に焼きつけるために。それから、少年はかすかに、につこりほほえみ、ポケットに手を入れ、ナイフを取り出し、自分の胸に当て、しっかりと根元まで、ずぶりと刺し、少女のわきに、愛しい少女の顔に顔をつけて横たわりました。

保田さんは後ろから私の両腕をつかんで、さらにぐいぐい押しつけてきて、さらにおちんちんを固くさせました。
「や、止めてください!これ、セクハラですよ!」実際には、もうセクハラなんていうレベルではないと思いますが、保田さんは何とも思っていないようでした。相手いないんでしょ?「いいじゃない?どうせ、旦那も彼氏もいないんでしょ?最近エッチしたことある?いい年なのにねえ。気の毒に」何の根拠もないのに当たっていることばかりを言いながら、保田さんは手を後ろから前に回してきて、私の胸を乱暴にまさぐり始めました。
「いやああっ!止めてくださいっ!」私は悲鳴を上げましたが、保田さんは手応えにがっかりしたようでした。
「なんだ、貧乳か。まあいいや」
「あ、止めて………もっと大きな声出して人を呼びますよ」
「この階は今僕しかいないから、誰にも聞こえないよ。それに、気持ちいいんじゃないの^こんなことを君にしてくれる人なんかいないでしょ?」ぐうっ……はあうう……またしても反論できず、ただ変な声を出してしまいました。
「もっと気持ちいいことしてあげてもいいんだよ。僕ストライクゾーン広いんだから、大丈夫。してあげようか?」
「いや……いやあ……やめて………」
「ねえ……マジでさ、手か口でしてくれたら、お金上げてもい入れさせてくれたら、もっと……どう?」そんな……いやですっ!私は強く言ったつもりなのに、やはり何とも思われなかったようで、保田さんの手が今度は後ろから、私の股間の前の方を弄り始めました。それと同時に背中に当たっているものが、ぐいっと生き物のように動いたような気がしました。いやあっ!やめてえっ!私は保田さんの腕を振りほどいて逃げ出そうとしましたが、できませんでした。
「う……なんか、もう……本当に堪らなくなってきたぞ……やばいな……」元々ほんの悪戯のつもりが、調子に乗りすぎて、それでは収まらなくなってしまったのでしょう。


熟女風俗嬢と呼ば町工場がひしめく一帯でもあ

ああっ……やめてえっ保田さんは床にしゃがみ込むと、後ろから私の作業着のズボンを下ろして、ショーツに手をかけてきました。
「お。肌は案外きれいじゃないか?」
「いやだあああっ!離してええっ!」しかし、あっと言う間にショーツを下ろされて、私の下半身は保田さんにお尻を向けてむき出しにされてしまいました。私はおろおろするばかりでほとんど抵抗できません。
「ほら、机に手をついて、お尻をこっちに突き出すんだ」後ろから興奮した声が聞こえました。
なぜ当然のようにそんなことを命令できるのでしょうか?そんな……いやですっ!早くしろっああっ!むき出しのお尻に、びしゃっと平手打ちをされました。私のことを人だと思っていないような叩き方でした。怖くなってしまい、ひるんだ隙に足を広げられ、お尻のほっぺをわしづかみにされて、ぐいっと左右に広げられました。
「お……堪らない匂いだ……女のここの匂いは久しぶりだな……」
「あああっ……いやああああっ……見ないでえっ……」床に膝をついてしゃがみこんだ保田さんは、見て匂いを嘆ぐだけじゃなくて、なんと後ろから私のお尻と股間をベろべろと祇めはじめました。
わざと音を立てているようでした。
「うほお。臭い臭い。うれしくなっちゃうねえ」いやあああああああっ!お尻の穴も、おまんこも、ところ構わずずるずると音を立てて、紙めたり、吸ったり……こんなこと、今まで誰からもされたことはありません。世の中にこんなことをする人がいるなんて信じられませんでした。
「やめてえええええっ!お願いっ!あああああんっ!」
「うるさいっ!動くなっ!」ふざけているような物言いが、私が抵抗して動くたびに急に怖くなって、容赦なくお尻を平手で叩かれました。保田さんの手のあとが真っ赤になって、私のお尻にいくつかくっきりと浮かび上がっていただろうと思います。
「よし、このくらいでいいだろう。これでも気を使ってるんだよ」何のことかと思いましたが、保田さんの目的は私のおまんこをぐちょぐちょよに濡らすことだったんです。保田さんの唾液と、私自身から出てくるはずだと保田さんは思っている液で。
勝手に十分だと判断すると保田さんは立ち上がって、自分のズボンを下ろし、固くなったおちんちんを今度は本当に露出させて、後ろから私の股間に突き立ててきました。
「ああん。だめえ。そんなぁ………はああああああっ!」生暖かくて固いものをその場所から感じて、私はぞおっとしました。暴れて逃げればいいのに、怖くて体が思うように動きませんでした。
「いやあっ……:許してください……お願いします……もうやめて……お願い……」
「ふふふ、いいぞ。そういうの、もっと言って。泣きながら」

風俗で股間を濡らす男の条件三高だの三低だのホントにそんなことで女は濡れるのか三高

セックスは交尾とい

デリ嬢のオッパイを見ただけでカズのオこの頃は、涙声でこんなことを言ったら、こういうタイプの男性はかえって興奮してしまうなんて知りませんでした。一緒に気持ち良くなろうねえ………ふんっ!くああああああっ!初めてではありませんでした。
でも、もう一〇年くらい何も入ったことがなかった私の場所に、最低の男性のおちんちんが無遠慮に入ってきて、欲望のままに身勝手に動き始めました。
「ああっ……い、痛いっ……ああっ……ああっ……痛いですっ……やめてえ……」
「うるさいっ!いい年をして、ヴァージンのふりをするなっ」いやああああっ!またお尻を叩かれました。ふりはしていないのですが、痛いんです。本当におぞましくて、腔の中はほとんど濡れていませんでしたから。痛みのせいだけではありませんが、私は早くも抵抗する気力を失っていました。早く終わって……でも、中に出さないで………もう、それしか考えられなくなりましたが、それがかえってよかったのかも知れません。
「あ……ちくしょう……もう……」急に太ももの辺りに奇妙な生暖かさを感じました。好き勝手に激しく動きすぎたのか、元からそういう人だったのか、保田さんはあっという間に終わってしまったのです。私は荘然としながら、足にかかった精液が生暖かい軌跡を残して垂れていくのを感じているだけでした。どうやら抜いて出してくれたようでした。中に出さずに早く終わってという私の最後の望みだけは神様に聞こえたみたいでした。
だったら、それ以外のも聞こえていたはずなのに……男の人って、出す前は目の前の女性のこと以外は何も考えていないのに、出した直後は世界中の女性がどうでもよくなるくらいに冷めてしまうって聞いたことがあります。冷めた保田さんは我に返ってまずいなと思ったらしく、服装を直した後少し不安そうな顔をしていました。私には何の弱みもなくて、この出来事を隠しておく理由がないことに気が付いたようでしたし、あっという間に出てしまったことが、男性として面目なかったのかも知れません。
「こ、これでいいだろう?君には高すぎると思うがね。大人のお遊びなんだから……分かっているだろうね?」見下す態度だけは崩さずに、その場に若然としている私に三万円を差し出してきました。ちつ。これだけ払うなら、もっと若くて締麗な子のいるプロの店にいけばよかったよ。やけにムラムラしてしまって、失敗したな本当に最低の人だと思いましたが、頭の中が混乱していた私は、そのお金をひったくって、とりあえずショーツと作業着のズボンを引っ張り上げると、何も言わずにその場を逃げ出してしまいました。トイレに駆け込んで体に残っていた汚いものを急いで拭き取り、そのまま気分が悪いと言って仕事を早引けしました。お酒は飲めませんし、ストレスを発散するような趣味もありません。他に行く場所もないので、気がついたときには自宅アパートに戻っていました。

ペニスを受け入れて

風俗の世界に身を置

風俗嬢六週目以降
もうイクの?」やばいかもです「もう……、ほんと私の事好きなんだね」と言いながら、友姉チビT脱ぐ。え!ブラしてない。いやノーブラではない。ニップレスだ!乳首だけ隠すやつ。
「ブラ嫌いなの。肩ひもで癖くなるから」そう言いながら友姉、ニップレスをピリピリと剥がす。|うおー乳輪ちっちぇー。豊胸かと思うくらいキレイなおっぱいがそこにある。ちょっと重みで垂れてはいるんだけど、よくAVでみる垂れ乳とは大違い。すごおくまんまるでキレイ。じゃぁ、してあげるね…:そう言いながら俺の足下に顕き、胸を両手で持ち上げ俺の息子を左右から挟む。
すっぽりと息子隠れる。うーむ、エロい。
「あー〇○のち○ち○温かい。すごいエッチだね」自分で淫語連発しながら、よだれでヌルヌルになった息子を上下に擦る。もう、完敗です。
「あー、すごくエッチ。やばい。ほんとにエッチぃねー」友姉、知り合いの飲み屋でこんなことしてるってのがあってよっぽど興奮してる様子。
「友姉さんの中に入れたい……。じゃないとイキそうです……」
「ダーメ。私声凄いから……また今度ね。本当はすっごくしたいけど……:」あーなんてエッチなんでしょう友姉。最高の体と声してます。
「イキそう?ねぇ、コレがいいの?イッちゃう:イクとこ見せてよ」そんな淫語で追い詰められたらイクに決まってます。
「あう1……あーやばい……」と言いながら友姉のおっぱいの中に発射。
「あん、ビクビクしてるじゃーん。エッチぃ。すごくエッチぃね」と言いながらおっばいで俺の精液を全部受け止めてくれる。;く最高の女です。全て出終わると、持ってたポケットティッシュで谷間を拭く。一通り後処理終了すると、「ねぇ今度さ、時間作ってまた飲もうよ。○○となら最後までシテミタイ」
「もちろん!
ただ……友男には内緒っスよ」当たり前だ!と笑いながら、この日はこの後も軽く飲んで終わりました。

憧れの元同僚が高級へルス嬢になっていたことを知った俺は

当然指名して
朝のモーニング割引で一発抜いて営業に行こうと考え、会社から飛び出してヘルス街にやってきた。
呼び込みの声を聞き流しながら今日の店を選んで歩いていると、まだ午前中とはいっても俺と同じような連中が何人か店を選んでいる。そこで、顔見知りの女に出会ったのだ。|3年前に寿退社した、営業2課のT子だ。他人の目を避けるように、怖き加減に急ぎ足で左から横切るように右の路地に入った。清楚な雰囲気が出ている女には不釣り合いな裏路地を歩いて、数メートル先の高級ヘルスに、ボーイに頭を下げながら店の中に消えていった。昔、何度も残業と嘘をついて、T子のロッカーから制服やストッキングを取り出し匂いを唄ぎながらオナニーをしたもその精液を制服の裏地に塗りつけたり、歯ブラシに付着させて昼休みに給湯室で磨く姿を想像してさらに勃起するという俺の憧れのズリネタだった。

風俗の典型的な例であ

|3年前、学生時代から付き合った男と結婚し、すぐにガキができたと噂で聞いていた。結婚式で見た子の花嫁衣装。今でも頭の中で、クから突きるようにヤッている俺。よし、今日の相手はもう決まった!T子にヌイてもらおうと店に飛び込むと、金額なんか気にすることなく、今入った女の子を指名したいとボーイに伝えた。案内された部屋に待機しているとT子が正座をして迎えに来た。俺と視線を合わせることがなかったが、チャイナ風ミニワンピは期待通りのボディパーツだった。まだ慣れていないのか形式の挨拶がぎこちない。話をしながら階段を上がり部屋に通された。そこでT子は、初めて俺の顔をはっきり見た。
あきらかに動揺した表情になったのだ。
「ふふっ……まさかこんな所でT子ちゃんに会うとはね」r.....T子は顔を赤らめ術いたまま無言だった。失礼します………とT子は備え付けの電話を取ってチェンジ願いをしようとしたが、俺がその腕を素早く掴んで俺は指名したんだよと言ってやった。T子はガクッとうなだれて正座のまま泣きだした。話を聞くと、競馬と競艇に狂った旦那と別れたらしい。いつの間にかタチの悪い闇金融の保証人にさせられ、その返済を別れた後もしつこく迫われているという。
この店を紹介され、働いて返済しているらしい。可愛いだけのバカ女……。いい気味だった。
「そうだったの……。でも今日は客だから存分に楽しませてもらうよ」許してくれると勘違いしていたT子の顔色が変わった。本当にバカな女だ。
ズボン脱がして祇めろよT子は哀しげな表情をしながら、目を閉じ気味に俺のシャツとズボンを黙って脱がした。ビンビンに勃起した俺のモノに手を当てると、覚悟したように大きく息を吸い込んでゆっくりと呼えだした。
「なかなかうまいじゃないか、昔会社内でも誰かにやってたのか?それともヤミ金の連中に無理矢理仕込まれたのか?
奴らにアソコも口もたっぷり味見させたんだろ?もう男のアレ、何百本も見てるから慣れただろ?」言葉で泣かせると、T子は目を閉じたまま顔を左右に振ってイヤイヤをするだけだった。
やがて俺はT子の口を離すと、目の前に立たせ、脱ぐように命令した。下を向いて怯えているT子。
「金払っているのに女は脱がないのか!時間がないんだよ!さっさと男を呼えまくったアソコ見せろよ!」脅すと歯を食い縛ってワンピのファスナーを下げ、ピンクの上下の下着を俺に見せた。T子はゆっくり脱いで全裸になるとカゴの下にその下着を隠そうとしていた。俺はその手を掴んでベッドに寝かせると、憧れだったT子の乳首を夢中になって吸った。
T子は抵抗することもなく俺の頭に手を置いて目を閉じて耐えていた。
「S……DうやPOPトさい」
「ふぅ~、T子とこんなことができるとはね………」T子と呼び捨て乳房を採んでいたが、その手をアソコに向かって伸ばした。
「ダメ……困ります……お店では……禁止なんです」手を掴んでアソコに指が入るのを防ぐT子に、「君とセックスしたいと思ってた奴もたくさんいただろうしな。あいつら、T子がここで働いていると知ったら飛んでくるだろうなぁ」そう言うと抵抗が止まり、目を閉じて俺の指を必死に耐えていた。湿ってきたのを指で感じると、嫌がるT子の足を強引に肩に担ぎ、ずっと想像してオナニーしていた憧れのアソコに対ガキを産んだせいか少し黒ずんでいるがまだまだ美味しそうだった。

 

ヴァギナ全体からアヌス全体を舐めましょうもう女子

俺はT子のアソコに舌を押し込んだ。顔を真っ赤にして俺の頭を押して抵抗するT子。舌でアソコとクリを紙めながら乳房を採んでいるとさすがに人妻だ。簡単に濡れだしていた。俺の頭を手で押さえ抵抗をしているが、紙めているT子の身体がビクビク動き感じている。濡れたのを確かめると、当然のように顔を上げ、T子の上に乗り、俺のモノをブチ込む体勢になった。すると生意気にもT子が激しく暴れだしたのだ。|腰を振って俺に入れられまいと激しく抵抗しだした。
「大人しくしないと、本当に会社のやっらにばらすぞ!」
急に動きが止まり、顔を両手で覆ってシクシク泣きだした。俺は勝ち誇ったように有無を言わさずT子の足を大きく広げると、一気に憧れだったT子の中に押し込んだ。いやぁ!叫びながら俺の身体を押して抵抗するが、力が入っていない。弱々しかった。腰を微妙に動かしてT子を貢めた。あぁん、あぁん、あぁん人妻らしくなかなかいい声が部屋中に響きわたり、俺の下で小柄な身体を震わせている。息を吐きながら激しく突き上げるたび、豊かな乳房がブルンと大きく揺れる。俺は両手で乱暴に乳房をギュッと採み、さらに激しくT子を突き上げた。
さすがにガキを産んだ身体だ!毛嫌いしている俺のモノでも激しく身体を震わせキュッと締めつけている。T子の動きに興奮した俺は腰のスピードを速め、子宮に放出するためにモノがグッと膨らんだ。
さすがにT子は俺の気配を感じたようだった。ダメ……中はだめなの………お願い……:ダメ、ダメ、バタバタ暴れだしたが、それが余計に締まりを強くさせ、すごく気持ちよくなった。そして、すごく濃いだろうと思われる精液をぶち込んでやったのだ。満足した俺がべッドから下りるとT子は誕を手で拭いていた。フラフラしながらも、アソコから溢れる俺の精子をティッシュで後始末をしていた。

風俗店で体験入店3日目の元教え子と再会。柔らかな入口に

....
お父さんが出張がちでお母さんは上品な家庭の子、中学三年生を受け持った。数学が苦手で、夏休み前はレベルの低い学校しか選べなかったけれど、熱心に特訓して見事上位の女子高に合格した。
入学してすぐ、高校の制服姿でお礼にとバレンタインの手作りチョコレートを持ってくるような、優しくて恥じらいがすごく可愛らしい印象の女の子だった。それから数年して大学に合格したことを年賀状で知り、女子大生になって締麗になったんやろなと想像していた。
歳も10歳以上離れていて先生と生徒、大人と子供。当時お付き合いしてる女性もいたので恋愛感情も湧かんかった。ほんまに可愛い教え子。当時はお父さんも単身赴任で、俺のことを唯一相談できる頼もしい大人の男性と見ていたらしい。面白いところ連れてってや俺の名古屋の友人は大阪の風俗に行きたがり、いつも通天閣の串カツを食べて、メンズエステやガールズバー、ラウンジをハシゴした。日本橋のメイドカフェに最初連れて行ったら面白かったのか、若い子がええというのでその日の夜は、京橋のコスプコキロ!行くリこのサロンは、駅前で専門学校生や女子大生を即日スカウトするやり手の店員がいて、たいてい毎日、風俗素人や一日体験入店の嬢がいることで有名なサロンやった。嬢の教育はできてて、ヤンキーとか墨入れといった”地雷”に当たったことも無く、まれに全く男性経験がない処女が奉仕するので、スケベな男どもでいつも賑わっていた。指名せずに遊んでも十分楽しめるので、どんな子がくるのか冒険もできて安心して遊べる店なのでロングで入った。

フェラの最中に彼氏のオ
そこのお店のしつらえは独特で、完全個室でなく、素通しの背の低いパーテーションで仕切られているだけ。客同士、嬢との行為がお互いに丸見えになっている。ブースの真上のライトで、暗い室内に全裸の嬢の丸いお尻が浮かび上がり、積極的な客が座位で嬢を膝に抱えておっばいを採みしだくいやらしい感じになっていた。
サロンにて友人は対極の奥のブースに通されてた。
「コスチュームはどれにします?」俺はサテンドレスやらナースの写真の中から、ベタなセーラー服を選んだ。
「今日は新人の子でまだ慣れてませんから、優しく接してもらえるようお願いします」ドキドキしながら待っていると、暗いカーテンの向こう側からゆりさん入りまーすの掛け声。白のブラウスに赤いストライプのリボン、ミニスカートの制服の嬢が立っていた。
「あの、はじめまして、ゆりです。外、暑かったですか?」薄暗いブースの中でおしぼりを取り出し準備をしている。すこし鼻にかかる甘えた声………。俺は一瞬でわかった。そう、目の前にいるのは、間違いなく俺の教え子。あの時の女子中学生、あの子やった。
「あ、うん。まだ暑いな。汗が出ていややな」久しぶりに会う暗がりの中の彼女は、この7年で少し大人になっていた。
「まだ入店三日目で慣れてないんで、下手なところもあるかもしれないけど一生懸命するんで」気にしなくていいよ、大丈夫ドキドキしながら、いつばれるかそればっかりで頭がいっばいになった。

でも自分の息子はこれから始まる行為のことでギンギン。俺が目を合わさないでいると、無言で俺の手を膝に置き丁寧に拭き始めた。
持ち上げられた俺の指先が彼女の胸に触れる。サイズはDくらい。だいぶ成長したんやな。
「わぁ手が大きいし、お客さん身長も高いね。いくつくらい?」顔を上げるとじっと俺の顔を見つめてた。俺は、ばれてませんようにと心の中で念じるので精一杯。首元に手を伸ばし俺のシャツを脱がして接近する彼女にドキドキした。あの、お客さん……な、なにううん、なんでもガンガン音楽が鳴っていて小さな声が聞き取れない。俺は座った、6ズボンまで下げられブリーフ1枚になった。|彼女は膝を付いて胸のリボンを差し出した。外して……先生(先生って……。ば、ばれてる?それともイメージプレイ!:)胸を張って首を少し傾げ、横顔ではにかむ仕草、彼女の癖だ。可愛さにクラクラした。突き出したブラウスの真っ白な胸元が露わになった。
「恥ずかしいわ、○○先生………」俺の名前を呼ばれた!ばれてたんや!「え!○○ちゃん……俺わかるのん?」
「うん、○○先生やろ?さっき気付いてん」今度は彼女が恥ずかしそうに目を合わさないで返事した。
「いいの俺で^でもなんでここにいるん?」
実は彼女、店のスカウトマンに飲食店の短期アルバイトがあるからと店に連れて来られて面接を受けたらしい。その日に体験入店して、1週間の約束で半ば諦めて入店したそうだ。同年代の学生もスタッフも優しい人が多いので、短期でならとOKしたとのこと。ああこんな子が風俗で働くのはこういうからくりなんか。
「でも先生、もしあの、嫌やなかったらこのまま私でいい?他の人より先生がいい……」もう嬉しくて俺は覚悟を決めて彼女を抱き寄せた。んっあこわばっていた肩からスッと力が抜けたようで彼女がもたれてきた。ブラも外してくれる?俺はブラの紐に手を掛けて、フックに手を回して少しずらした。

 

尖ってしまったデリ

締め付けのきっい入り口と上付きで暖かくて吸い付くような具合に、すぐに果ててしまった。携帯番号などを聞かず、店を出た。その後、お店のウェブページも見たが出勤がないようだ。その時の運命に任せてる。当然どこかで会うだろうが、セフレにはしないつもりだ。

付いた姫が同じ職場の彼氏持ち派遣OL。そのままセフレ関

先輩のお供として大都市へ日帰り出張。仕事も終わり、郊外までの帰りの切符を買おうとすると、先輩がまだ早いんだから、良いところ連れて行ってやるはいと、先輩と一緒に下町の駅で降りた。先輩と細い路地を抜けていき、小さなビルの前へ。先輩リて「お前、確か風俗は行ったことないんだろ」
「審ってやるからつきあえよ。ここは本番厳禁だけど、その分いい子が揃っているんで、よく来ているんだ」小さなエレベーターに乗り、降りたところの部屋のチャイムを鳴らすと中からボーイが扉を開けてくれる。奥からはタバユの匂いと騒々しいユーロビートの音楽が鳴り響いていた。
俺は狭い待合室の片隅に座らされ、先輩はカウンターで何やら店の人と話している。その間、ボーイが説明書を持ってきて、うやうやしくシステムの説明をしてくれた。
「本番·スカウト·女の子の嫌がる事は禁止·時間は5分……」手を消毒させられ、先輩に続いて薄暗い店内へ。前向きのソファがいくつか並んでいて、衝立のようなもので仕切られている。先輩とは別々の席に案内された。待つこと数分「こんばんわ、ミミでーす」と、メイド服姿の姫が入ってきて隣に座った。0代前半で、ウェーブのきいた黒いロングヘアーが目を引く。この店はじめて?はいなどとどうでもいいような会話のあと、姫がキスの体勢に入るために俺の顔を見つめた……。
ROほぼ同時に俺と姫は声を上げた。そう、姫はいつも一緒に仕事している派遣の友香さんだった。
「ケンイチさん、どうしてここに?」
友香さんこそ……ひそひそ声で話す。店内は騒々しい音楽が流れているので、友香さんは、俺の勤め先の会社で派遣の受付事務係として働いていて、確か結婚まで考えている彼氏がいるという噂。自然と顔を寄せ合う体勢だ。
「毎週水曜日が休みだから週1回だけここに来ているの。ケンイチさんは?」先輩に無理矢理連れてこられたことを話し、会社や彼には内緒にすることを約束する。
「どうする?知り合いじゃ嫌でしょ。女の子替えてもらう?」でも、店内は混んでいて、姫は全部出払っているようだ。先輩を待たせるわけにはいかないし、それに……。
「友香さん、じゃなくてミミさん。このまま続けてよ。いや?」友香さんは少し考えた後、いいよと目を誤った。俺は友香さんを抱きしめると、唇を合わせた。

デリヘルに集まっ普

ペニスを受け入れて
淡いピンクの乳首、産毛も立って透き通った20代前半の女子大生の肌。指で胸元をなぞりながら弾力を楽しんだ。近づけた顔に唇が触れて、彼女の小さな口の中に舌を入れた。反応して彼女は小さな舌で必死に絡めようとしてきた。その可愛さにまた萌えてしまった。数分キスを楽しんだ。もう気持ちは0Kということはなんとなくわかった。コスチュームのスカートを捲ると白くて柔らかい太ももがはだけ、その先には印象通り、可愛い小さなリボンの付いた薄いピンクの綿パンティ。はぁ、あ、あ、ぁ……彼女のため息のような切れ切れの吐息が耳元に漏れ聞こえた。彼女は俺の二の腕をきゅっと掴んで口元を寄せてきた。キスをもっとねだるように。中学生だった彼女も今、目の前で女として身を任せてる。恥らって紅潮してる太ももは柔らかくて暖かく、指を這わせると感じて身震いするのが伝わる。脱力した腿を手で支え開脚させると、パンティのクロッチ部がびっしょり濡れていた。もう十分に受け入れてるみたい。耳元で、「自前の下着やけど、汚れてもいいん?」
「うん、でも先生と……恥ずかしい。
はぁ、あ、あぁ」すでに人差し指と中指でパンティ越しに濡れた秘部をなぞりながらリードする俺。こんな状況を知っているのは俺と嬢、たった二人だけ。店もこの子の親も友人も知らないシチュエーションに萌えて、もっと悦ばせて俺も楽しみたい。指先バイブのテクニックでパンティを弄りながら指先でじっくり彼女を遊んだ。俺も脱ぐ膝を立てると彼女が脱がしてくれた。ジュニアがカチカチでパンツに引っかかったのをクスッと笑われた。小さな口で必死で奉仕する教え子に、なんとも言えない罪悪感と幸福感と征服感が俺を満たした。お返しに彼女の体をじっくり紙め回し、尻の穴からピンクのひだ、柔らかな陰毛を執物に攻めて乳を採みしだき吸い上げては俺のキスマークを残した。
「先生、嬉しい。もっといっばい楽しんでいってね」その言葉に俺は甘えて自制心を失った。
「いいの?本当に後悔しない?」俺は彼女の腰を持ち上げ、竿先を柔らかな入り口に押し当てた。いいんよ彼女は手を宛てがってお店にばれないようにカムフラージュしながら、俺はジュニアをぐいっと挿入した。


ペニスを受け入れて 
川崎風俗
 下着の上から分かるほど濡れそぼっていました下着もだ

オマンコに彼の友達

愛撫を受けているのであるアソコに入れるなん

お金がいいから。だって、若いうちだけでしょ、こんなんで、お金とれるの。でも、JKリフレって、なくなっちゃうみたい。だから、コンビニ行って、求人誌一冊もって来た。そんときさ、緊張したせいか、おならが出ちゃって。まわり見たよ。誰もいなくて、よかった。香水、ワンブッシュした。
高収入のページ見たらさ、デリバリーへルスっていうのがいっばいあって、これかなと思って、こないだ、面接、ただの面接じゃなかった。いやな思いしたけど、お金のためと思って、我慢した。後で、泣いた。今は行きはじめて、体験中だよ。だから、まだ写真もない。つづけるかどうか、まだ決めてない。JKグノサイトのモデルのバイトをやモデル·クラブに登録して、ネットのJK(女子高生)グラビアサイトに写真、動画を載せている。年齢は17歳。
5からはじめた。下着、ビキニ、制服、コスプレ。理由を聞いた。今しかできないと思うから。もらったお金は貯金している。普段はごく普通のIK。丸顔だが、可愛く、スタイルもまずまずなので、たまに街でスカウトされるが、無視。自分ではスタイル自信なし。
「おっぱいもあんまりないし、下半身デブ。腰が大きいし、脚も太い。だから、脱いだら、男の人はがっかりすると思う。普通に就職して普通にお嫁さんになりたい。何人かに交際して欲しいと言われて何回かデートしたけど、気に入った人はいなくて、まだ彼氏なし」セックスの回数は?と聞いたら、彼女は、ヒ·ミ·ツと言って、手を振って笑顔で去っていった。
さわやかだった。
ポルノサイトのJKここではURLを紹介しないが、ポルノサイトに出演しているJKなども多数いる。陰部も肌門もすべて丸見え。欲求不満の人はこれを見れば充分楽しめる。アダルトDVDや雑誌を買う必要はない。ネットに接続するだけでいいのです。まさに、彼女らも、ネットの少女です。ニコ生とかライブチャットのサイトで、半裸になり、自分を受け入れてくれる人を探す少女「だってさ、これなら、あたしもできる気がしたから。ツイッターとかフェイスブックなんか、かったるくて。これだと、ちゃんと、ビデオで、見れるでしょ。あたしのこと、男の人が。あたしをちゃんと見てくれる人が欲しいんだ」家出して、街をさまよう少女日中は友達の家とかを転々として、夕方になると、駅近くの道路わきとか、噂になってる場所に座り、声をかけられるのを待っている。大きなバッグを持っている。見た目は、ごく普通の、かわいいお嬢さんタイプ。あたしも、当たり前だけど、フツーにおならはするし、おしっこするし、臭いうんちもするし、イライラもする。
「男の子にソクバクされるのは、イヤ。妊娠したこともあったけど、堕ろした。あたしを好きって言うおじさんは、気持悪い。あたしのどこがいいのか、わからない。そんときだけ。お金だけ」
彼氏に貢ぐ少女DVで傷だらけだけど、妊娠して出産した彼氏を愛してるこの少女の告白はっきり言って、震災のその日、その時間に、彼氏のためにM字開脚していたあたしは、あんなにすごく揺れてても、彼氏に突かれまくって、液をたっぷり流し続けてた。家の裏手の雑草の中だったから、電線とかがぶるんぶるんゆれてるのが見えたし、家の瓦なんかもどさどさ落ちてたんだけど、セックスのほうが大事だった。彼氏にしがみついて、声を出してた。彼氏はあたしに夢中で、地震は気がつかなかったみたい。いってから、はじめて、驚いてた。
こんとき、妊娠して、産んだんだ。籍も入れた。彼氏はDVで、あたし、いつも傷だらけなんだけど、好きなんだ。

風俗で股間を濡らす男の条件三高だの三低だのホントにそんなことで女は濡れるのか三高

早漏の対策としても有効です女性


股間を挟んでくれる

>フェラしてる風俗嬢だから、子供はよそに預けて、うん、町でそういうサービスやってるんだ。Dもやってたけど、今はソープで働いて、彼氏に
貢いでるっていうか、生活費にしてる。え?何人のオトコとしたかって^.数えてないよ。うん、何百人かにはなるのかな。え?うん、大きい小さいは、あんま、関係ないよ。女ってさ、気持だもん。彼氏しか感じないよ。手握ってるだけでもいいしさ、彼氏なら、毎日でもいいし、月一でもいいよ。あたしみたいな女って、けっこういるみたいだよ。恋人との生活のために男たちと寝る子もいるっていうし。少女売春婦もいっぱいいる。よくわかんないけど、映画にもなったってさ。女って、あそこは強いみたいだよ。
だからソーブで働何人の客が相手でも、大丈夫。何百人の男と連続してセックスした若い女性もいて、映画にしたって。彼氏がいけてる。ても、Dとかソープとかやってる子も多いじゃん。内緒で。生活とか借金のために。やったからって、あそこの形が変わるわけもないしさ、彼氏も気がつかないよ。ソープって、あたしの行ってる店は、人妻が多いみたいだよ。もちろん、旦那には内緒みたい。あたし?彼氏はうすうすは気づいてるみたい。でも、何にも言わないよ。
ソープ?普通に、コンビニに置いてある求人誌に載ってた。メールしたおさわりパブセクキャバで働く少女昼はOL。Aカップ。食欲がなく、やせていて、話も得意でなく、あまり指名がもらえない。彼氏はいない。男はつきと思ってるから、欲しくない。いろいろ言ってくる客がいるけど、信用してない。めんどくさい客はみんなNG。掲示板にあたしの悪口、ばんばん書かれてるらしいけど、関係ないから、気にしてない。でも、このごろ、体弱ってきた。そろそろ、限界かも。ピンサロで働く少女一応、短大に籍があるけど、ほとんど行ってない。毎日、ピンサロにいる。卒業できたら、普通に就職して、彼氏見つけて、結婚したいとぼんやりと思ってる。子供?どうかな。あんまり欲しくない。
だって、めんどくさいでしょ、育て殺される少女ある少女は、ネットで男と出会い、恋愛し、セックスし、支配され、虐待され、自分の部屋で首を絞められ、殺される。それを自分のスマホでライブ配信していた。最初は彼氏といい仲なのをアピールするつもりだったのに。自殺する少女も多いですが、ストーカーされ、刺されたりして死ぬ少女が後を絶ちません。最近では、自宅で少年に刺し殺された後、証拠隠滅のために布団に火をつけて焼かれた少女もいます。変な時代になりました。
男とかボーイフレンドとかのいない少女彼氏は欲しいとも思わない。デートもしたことがない。体型は痩せ型。20歳。顔も普通。家事手伝い。たまに家でやっている土産物店兼蕎麦屋で接客する。ネットはたまに覗く程度で、つまらないと思う。あまり興味がない。趣味は読書、散歩、買い物。最近は料理にはまっている。将来はお見合いをして、婿を取って実家を継ぐよう言われていて、自分でもそのつもり。冒険したくない。平凡に生きたい。(実はこういう少女が圧倒的に多いのかもしれない。普通に生きている少女が)交流サイトや出会い系喫茶、出会い系サイトなどで売春相手を募ったり、ピンサロやDやSなどでアルバイトしたりする少女は少数派なのでしょう。


堕ちたのを正当化しているように見え

風俗と言ってもイロイロです

風俗店の利用ができますでも、そういう少女がたくさんいるのも事実なのです。ネットの掲示板や交流サイトに、援助交際や下着の売買などの書き込みをして、警察にサイバー補導される18歳未満の少女たちも多数います。(こうなると、一部の少女たちは、興味本位やお金欲しさなどのためなのか、ネットは避け、リアルでなんとかしょうとするはずです。そうなれば、警察はお手上げです。そこにビジネス·チャンスを見出している人間もいるはずです。そうした少女たちをまとめて面倒をみようとする人間たちが。
そのひとつが、援デリでしょうか。その他にも、いろいろ、考えて、すでに実行しているかもしれません)(いずれにしろ、現実に、おじさんとセックスする少女たちがたくさんいるのです。一方、18歳未満の少女とセックスしたことがわかれば、おじさんは逮捕されます。新聞に名前が出ます)少女もひとりひとり。みんなひとりきり。
少女はたくさんいます、みんな必死で生きているのです。みんな、許してあげてください、どんな生活をしていても。彼女が、あなたを裏切り、会うのも拒否され、離れていっても。追ってもムダ。逃げて行った少女は決してあなたのところへは帰ってきません。あなたを振った少女は忘れ、別の子を探してください。きっと、どこかに、いい子がいると信じて。
その方法は?まず、自分の生活を見直してください。あなたに視線を投げかけてくれている少女がいませんか?
あなたを気にかけてくれている少女が、もしいたら、ひょっとしたら、その少女があなたの彼女になってくれるかも。少女からきてくれることはまずありません。ダメで元々。まず、その少女にアタックしましょう。もしいなかったら?欲求不満の方は、当分は、風俗でガマン。風俗と言ってもイロイロですが、風俗には普通にかわいい子がいっばいいます。仮の恋人を見つけましょう。リアルの付き合いはあきらめてください。風俗では、恋人は見つかりません。彼女たちはお金だけです。少なくともそう思っていれば、ヤケドせずにすみます。彼女ができて取しいよ。甘くない。あなたに生活力がなかったら、あなたがいくら愛していても、少女は間違いなく去っていきます。
だから、まず、仕事しましょう。
少女たちその後少女たちがこの後、どうなるのか。余計なお世話だし、ひとりひとりみな違うけれど、結婚する子もいるし、普通にただの結婚しないおばさんになる子もいる。結婚しても、生活は変わらない子も多い。人妻としてDを続けてたり、旦那がいないときは、自由気まま。ナンパされると、普通についていって、ときどきエッチしたり。風俗を転々とする子もいる。Dとか、ソープとか。普通の仕事とかけもちの子も多い。おばさんになれば、風俗からもお払い箱になって、何かパートの仕事でもするしかなくなる。おばさんになっても続けてる人もいますが。
いずれにしろ、人はみな、多重な面を持っている。そもそも、スーパーやコンビニやFFや営業職や工場勤務や歯医者の助手をやってたりする少女が、それだけで生活しているわけじゃなく、飲食店はもちろん、ピンク系の飲食店でアルバイトしたり、JKお散歩やってたり、ピンサロにいたり、D嬢をはじめたり、援助交際もやってたりとか、ソープに行ったりとか。あるいは、原点に帰って、出会い系サイトや出会い系喫茶で男を募り、売春をする少女もいるかもしれない。人間って、いろんな面を持っている。もちろん、くそまじめで、普通の仕事をするだけで、そうした世界を一一切知らなかったり、拒否している少女のほうが圧倒的に多いわけだけど。

ペニスを受け入れて

ペニスを抜いて体位ほんと、少女って、みんなかわいいし、面白い。

少女はあいかわらず、咳が止まらない。それでも、少年と会い続けている。少年がやさしいから、裏切れない。その日も、少女は少年と会った。少女は少年と町を散歩し、ソフトクリームを買い、なめながら歩く。少年は少女と会うと、愛の力を感じる。永遠の愛を信じられる。少年はソフトクリームをなめながら、少女の手を握りしめる。少女も強く握り返す。見つめあい、愛の気持をたしかめる。少年は少女がずいぶんやせたと思う。かわいそうにと思う。毎日、無理な生活をしているから、食欲もなくて、やせるばかりだ。
その日も、少女は、コンビニの昼の休憩時間に出てきてくれたので、もう、時間がない。午後の仕事がまたあるので、少年の手を離し、手を振って去っていく。
少年は少女の後姿を見送る。泣きそうになる。少女は泣いている。こんな半病人の自分を愛してくれる少年は馬鹿だと思う。他のもっとかわいい少女を探せばいいのにと思う。そう思うと、また涙があふれる。少女は涙をふいて、コンビニに入る。別の日。二人は、話し合って、思い切って、町外れにあるデート·ホテルに入った。手をつないで、部屋に入り、鍵を閉めて、手をつないだまま、もの珍しげに、部屋の中を探検する。どきどきすると少女が言う。僕もと少年が言う。二人はベッドにあがり、向き合って座り、手をつなぎなおす。見つめあい、話をする。手をぎゅっと握り合う。口を寄せ合い、キスをする。
少年が、口を離し、「セックスはまだしない。ここじゃ、もったいない。最初は広い草原でしたい」と言う。少女は、うんとうなずく。子供みたいだわ、と思うけど、言わない。実際、まだ子供。少年は少女を抱きしめる。少女は少年に抱かれたまま、じっとする。
いいにおい。いい気持と少年が言う。あたしもよと少女が言う。ボデイ·ソープのにおいなのに、と思うけど、言わない。少年は少女の胸にさわりたくなって、さわりたいと言う。少女はうん、とうなずく。少年は少女のふくらみに手を当てる。大きいと少年は感激して言う。
「ううん。小さいのよ。ブラにパッドが入ってるから」と少女は言う。二人はそのままホテルを出る。二人は、お弁当を持って、バスを乗り継いで、草原にくる。少年は友達から聞いて、前から来たかった。やっと来れた。少女はこの日、特別に、コンビニのバイトの休みを取ってくれた。晴れて、空が青く、広い草原がまばゆい。や363二人きり。二人は、手をつないだまま、草原を歩く。しばらく歩いた後、座る。
草が冷たい。少年のリクエストで、少女が服を脱いでくれる。少年は少女が脱ぐところを見つめている。でも、感動して、目が雲り、よく見えない。少女は全部脱ぐと、草の上に、あお向けになる。少年は少女の足元にひざをつき、少女を見つめる。組んだ脚がすごく長い。はじめて見る少女の白くやわらかそうでふくよかな肉体に、ただ驚くばかり。しばらくすると、ようやくどきどきがおさまって、感激し、胸が熱くなる。そうか、女の子の体って、こうなってるのか。首の下に、腕があって、胸があって、こんもりとしたすてきなおっぱいが二つあって、すべすべしたおなかがあって、腿の間に毛が生えてて、太ももがあって、ふくらはぎがあって、足の先がある。


勃起をヌチュヌチュと舐めしゃぶっている膣

指は少し曲がっている。少年は少女の足の指にさわってみる。少し、冷たい。ほおずりをする。少女はけらけらと笑い、くすぐったいよと言う。少年はそれからのことは、よく覚えていない。目の前にいるのに、少女はとても遠いところにいて、少年は遠景から少女を見ているみたいだった。少女は少年を誘ってくれたみたいだった。少女の美しいヌードがビデオ映像みたいに延々と
流れていたようだった。
少年は少女のヌードに手を伸ばしたけれど、届いていない、みたいな感じ。でも、実際はセックスが始まってた。気がつくと、少年は少女の上に寝そべり、密着して、少年は少女の中に入っている。少女は気持よくて、酷いでいる。少年は愛する人のために奉仕し続ける。少年の汗がしたたる。少女も汗を流す。少年は少女の汗を口で拭き取る。少女のおっぱいはあまり大きくないけど、少年は少女のおつばいが大好き。口をあけてあんぐりとおっばいを含む。乳首を口に含むと汗でしょっばい。二人のヌードのシーンは延々と続く。30分、1時間、2時間。少年は体力の続く限り、少女を愛し、少女も少年ががんばるのをときどき薄目で見て、ほほえみ、全身で少年に応える。
ときどき、雲が太陽を隠し、二人の汗を冷やしてくれる。二人は動きを止めて、休む。抱き合ったまま、キスをし、見つめあい、少しすると、また愛し合いはじめる。二人の愛は永遠に続くかのようだった。それからの愛の日々、二人は待ち合わせてホテルに入り、セックスを繰り返した。長い時間は一緒にいられなかったけど、幸せな日々だった。楽しい日が続いた。ある日、ホテルのベッドで、少女は少年のリクエストで、草原のときのように、ヌードであお向けになってくれます。脚を組んでいます。少年はいつかのように、また、少女の足元にひざまずき、少女の肉体を見つめます。長い脚を見つめます。
感動しています。次に、両腿の間の、こんもりとした黒い陰毛を見つめます。量が多く、立派です。腰も大きいです。次に、おなかを見ます。少年は少女のかわいいおへそが好きです。それから、少年の大好きな、少女のふたつのおっぱいを見ます.あまり大きくはありませんが、すそ野が広く、ボリュームがあります。乳首はけっこう大きめです。それから、大好きな顔を見つめます。少女は目を閉じています。少年は幸せを感じます。少女は微笑んでいます。
「はずかしいいいでしょ?」と言います。少年は少女のきれいな裸を見ると、元気が出ます。少女のために仕事して稼がなくちゃ、と思います。それからも、少女は少年の望みどおり、セックスに応じてくれます。少年はがんばって、力の続く限り、少女を長いこと愛し、疲れると、抱き合ったまま、眠ります。二人ともバイトがあるので、そういつまでもは一緒にいられませんけど。楽しい日々は、いつまでもは続きません。少女がもっと体をこわしてからは、セックスはできなくなりました。少女の咳き込みがひどく、体力が失われたのです。少年は少女と会えるだけで幸せでした。会うと、励ましました。そして少年は、ある日、少女の真の姿を知ります。人を信じられずに悩み苦しむ姿。実は少年のこともなかなか信じられずに苦しんでいた。

セックスまでいく事はその日はありません

アソコを舐めていると顔にかかりそうな勢いで愛液が流れ出る

作り込んだキャラクそのわけは、少女が高校生の頃、お父さんが人に裏切られたこと。お父さんが家を出て行ったこと。それで人を信じられなくなった。だから、少年を信じたいのに、少女には、少年を信じ切れない自分がいた。少年にできることは、少女を今までどおり、信じ、愛することだけ。少年は少女を裏切らず、愛し続ける。少女の心の傷は深く、完全に消えることはないのかもしれない。
けれど、少年は少女を信じ、愛し続けます。少女一筋愛があれば生きられる、と少年は思い、少女に言います。少女も、うん、とうなずきます。長い時間がかかりましたが、少女は少しずつ、体が治りました。心も少しずつ癒えたようです。愛があるから生きていける。少女はそう感じています。少女は少年と生涯仲良く暮らすことにしました。(おしまい)
でも、実際はもうひとつの物語もあるのです。少女が心変わりした場合の物語です。ここからはそちらの物語を綴ります。

突然、破局した。

少女から、珍しく、メールが来た。喜んで、開くと、「ごめんなさいさようなら」
少年はあまりのことに、信じられず、そのまま動けなかった。しばらくすると、感覚が戻ってきて、じゅっと、焼けたみたいに胸が熱くなり、涙があふれた。《そんな。こんなことって、あるだろう、か》少年はふらふらと、道を歩いていった。少女にメールする気力もなかった。それからの数日、少年は何をしていたか、まったく記憶がない。少年は困惑し、混乱していました。少年は知らなかったが、少女には年上の少年ができていたのです。あるSNSで知り合ったそうです。少年がかわいそうなので、少女と年上の少年の付き合いやセックスは省略します。
だって、少女がその少年と仲良くしていたり、激しいセックスに励んでいるのなんか、想像もしたくないじゃありませいずれにしろ、少女は少年を捨て、見向きもしなくなりました。思い出しもしませんでした。一方、少年は、毎日、少女を忘れることはありませんでした。いえ、毎日どころか、一日中、少女を思っていますし、寝ている間も、夢に出てくるのは少女ばかりです。はじめのうち、少年は少女が離れていったのを信じることができませんでした。《そんなことって、あるだろうか。何かの間違いだろう?》でも、何度もメールしても返信はまったくないし、いくど電話しても、着信拒否のままでした。そうなると、さすがに、少女に振られたのを、自分にも知らないふりはできません。自分でも、振られたんだと思いはじめました。さらにしばらくたつと、ようやく、少女が帰ってくることはないと思いはじめました。

さらに和んだ雰囲気

挿入させるやり方になりますされる側

その神父はサルみたいなセックス
俺もラストスパートだ。またマナミは感じ始め、自ら片手で口を塞いで声を押し殺す。片手は俺の乳首をいじり始める。全部覚えてくれていた。それを見て俺はマナミのパンツを渡す。マナミはそれを口に挟んで声を押し殺し、今度は両手を使って俺の両方の乳首をいじってくれる。俺は妻にもしたことがない腰の動きでマナミの奥まで突いてやる。
「もうだめ、こんなに長くされたの久しぶり、もうだめ、イッて、イッて!」イクぞ!
俺は本当のラストスパートだった。出して!
出して!
マナミの声が聞こえたが、条件反射だったのか、抜いてマナミのお腹に出した。余韻に浸っていると、マナミは体を起こして口で紙めてくれた。きれいにしてあげる童顔の顔に戻っていた。中で出してもょかったのにそれから会うことはなかった。ただメールでやりとりはしていた。正月は嫁が子供を連れて嫁の実家に明日から出かける。マナミの旦那も明日から実家に戻るらしい。マナミはずっとこっちにいるらしい。俺は3日に嫁の後を追う。『それまでの3日間、楽しみだね』マナミから意味深のメールが来ていた。

本番はしないと誓い、デリヘルで働く僕の彼女だったが……

彼女のスペック。
2歳、身長156、バスト5(C)ウエスト%.ヒップ8。少し茶髪の可愛い系で、しょこたんに少し似てる感じ。出会いからしてすでに風俗なんだけど。仕事仲間と打ち上げで、デリヘル呼ぼうぜ!ってなったから、携帯で可愛いっぽい娘を適当に選んでその子が来た。
色々話をして分かったこと。·風俗始めてまだ2ヶ月位。·色々と支払いがあり、失恋して自暴自棄になってこの世界に足を踏み入人れた。·風俗やってる間は彼氏を作るつもりはない。そんな話をしてるうちに意気投合しちゃって、口ではあんまりイケないんだ「あなたとならしてもいいかな……」って感じでエッチしちゃった。今思えば、ここで俺と本番許した時点でそういう女だった……。風俗で働いてる時点で、そりゃそうだろ!
って皆は思うだろうけどね。意気投合ついでにお互いの番号とメルアド交換して、今度飲み行こうぜ!って約束してその日は終わった。その後、仕事中に写メ送ってきたり、夜は電話で楽しくしゃべったりしてどんどん距離が近づいてった。最初は営業メールや営業電話なのかなって思ったけど、彼女が素でしゃべってる感じが凄い分かってきて、俺もどんどん彼女に惹かれていった。それから飲みに行ったりカラオケ行ったり遊園地行ったり彼女の家に遊びに行ったりエッチしたり……。完全に友達以上恋人未満な関係が5ヶ月程続いた。そして意を決して俺から告白。
「風俗やってるのを覚悟で俺と正式に付き合って欲しい」
「こんなあたしでも良ければ……。
でもすぐには今の仕事辞めれないけどいいの?」
それ覚悟で付き合いたいありがとう。嬉しい!かなり会話を端折ってるけど、こんな感じで正式に彼氏彼女になったんだ。晴れて恋人になったけど、勿論彼女は風俗嬢。他の男とイチャイチャしてフェラして……、正直考えるだけで辛かった。仕事中にホテル街の近くを通ると、(今頃そこのホテルで他の男とエッチなことしてるのかも……)とか考えてしまう。凄い辛かったけど、それでも頑張れる彼女との約束があったんだ。本番は絶対にしない。1年経ったら辞める。·辞めたら同棲して普通のパートで働く。風俗嬢と付き合うなんて理解できんって人も居るだろうけど、俺自身偏見は持ってなかったし、この約束を信じて頑張ってた。付き合って2ケ月程経ったある日。|彼女は少し酒癖が悪い所があって、怒り上戸で泣き上戸。そんな彼女と飲み終わった後、ラブホに行って色々しゃべってたら、いきなり彼女が怒りながら泣き出した。
「私、本当はあなたの事裏切ってるんだよ?シクシク……なんでこんな私に優しくするワケ?」
「お前何言ってんだ?風俗で働いてるのは覚悟の上だって言ったろ?」
「そうじゃなくて……ヒックヒック……あなたの優しさが辛い……。

ペニスをしごいてく

私、裏切ってるんだよ?」
「……うるせえ!その先は言うな!」
彼女が酔った勢いで言いかけた事はなんとなくは分かりました。でも怖くて聞けなかった。男と女が裸で密室でイチャイチャする仕事。そんな状況で本番が絶対に皆無なんてありえないよな……。
シラフの時は、「お前、客とエッチはしてないよな?」って聞くと、絶対に本番はさせないよって言ってくる彼女。その言葉だけが自分の心を繋いでいてくれたから、現実は聞きたくなかったし受け入れたくなかった。それなのに俺は、彼女の仕事用バッグに盗聴器を仕掛けてしまった……。盗聴器を仕掛けてしばらく経ったある日。いつものように彼女と飲みながら、今日はこんな客がいたとか、凄い変態な客の家に行ったとか面白おかしくしゃべったいつも俺は笑いながらも複雑な気持ちで聞いてるけどね
そしてそのままラブホに行き、彼女が話した他の客とのブレイに嫉妬しながら激しくセックス。いちゃつきながら風呂に入り、いつものように彼女は眠る。俺は盗聴器の内容が気になって全く眠れなかった。元々寝取られ願望というか、彼女や嫁が他の男とセックスをしてしまうというシュチュエーションに興奮する性癖があったはずなのに、それを知るのが怖かった……。色々葛藤しながらも、彼女から寝息が聞こえ、深い眠りについてることを確認すると、彼女のバッグの中にある盗聴器を漁った。あった……彼女に見つかってやしないかというドキドキと、この中に客との情事が入ってる事のドキドキで、心臓が破裂しそうなほど動棒がした。俺はそれを手にし、彼女に気付かれないようにトイレに入り、盗聴器にイヤホンを付けて耳に当てた……。
最初の方は彼女の日常の音らしきガサガサ音、一人でTVに突っ込みを入れてる声、食器を洗う音、ドライヤーで髪を乾かす音……そしてこの盗聴器が仕掛けられてるバッグを触るガサガサ音。バッグを持って車に乗って出掛ける音。鼻歌交じりで運転する音の後、彼女が職場についたようだ。おはよ~ございま~す(彼女の声)
「お~おはよ~O○ちゃん!今日は3件予約入ってるよ~」店長らしき男の声そしてまた車の音たぶんホテルか客の家に向かってる音の後、彼女の営業用の甘いニャンニャン声が聞こえてきた。こんばんは~、○○で~す普段の声と全然ちゃうやんお前……お~、可愛いねぇ~!結構なおっさんか?ありがとぉ~まんざらでもなさそうな声この後なにやらしゃべりながら歩いた後、ラブホの自動精算機の音が聞こえてきた。
「当店をご利用くださってありがとうございます」ついに部屋に入るか?この時の俺は、汗を垂らしながら凄い形相で便座に座っていた。部屋に入るとバッグをエアコンかなにかの近くに置いてるようで、常にゴー!っと風の音が入っていてあまり二人の会話が聞こえない。だけどデリヘルの仕事内容の流れはある程度彼女から色々聞いていたので、”しゃべる→風呂に入る→しゃべる→そして……。ってのは分かった。そしてついにプレイに入ったようだ。もう俺の心臓は救心がいるほどにバクバクだったのを覚えてる。
暫くの沈黙の後、彼女のア……ンという暗ぎ声が聞こえ始め、客が彼女の体を祇めてるチュパチュパという音も聞こえてきた。

 

アナルに入れたいだけの僕に向かってヴァギナを広げるセックステクニック

だんだん彼女の端ぎ声も激しくなってきて、ア~ッハンッン~ッ「チュパ、気持ちイイ?○○ちゃん」うん気持ちイイ可愛いねぇ~チュパチュパこの親父ブッ殺すぞ……物凄い興奮と焦燥感と殺意とで頭がおかしくなりそうだ…。
しばらくブレイが続いて、「ねぇ挿れていい?○○ちゃん」おやじがついにこの言葉を言いやがった……。本番はダ~メ!(おおり:)|彼女から発せられた言葉で、頭に昇っていた血が一気に足元に下りるような感覚になった。安堵感っていうのかな?(良かった……。彼女はちゃんと約束どおり本番だけは断ってくれていた)涙が出そうだった。その後、彼女がおやじのを口でしてるっぽいチュボチュボッブボッという音が聞こえ、「あ~気持ちいいよ○〇ちゃん」
「ンフッほんと?チュパチュポッ」ぶっちゃけこの行為だけで普通は頭にくるはずだけど、俺は本番を断ってくれてるんだという安堵感でいっばいだった。その後おやじが射精し、また風呂に入り、精算をして1件目が終わった。
「またね~。今日はありがとうございます」
「○○ちゃんもありがとうね、また来るよ!」俺は安堵してふーっと息を吐き出した。俺が心配し過ぎていただけか。彼女はちゃんと仕事と割りきってやってくれてるっぽいし、俺とエッチするときのがもっと凄い暗ぎ声出すし!とかいう訳がわからない勝ち誇った感覚に浸っていた。
まぁ残り2件も同じようなもんかなと早送りして、2件目のプレイの音に入った時……。余裕ぶっこいてた俺の頭が一気に真っ白になり、落ち着いてきてた心臓も一気に爆発しそうになる音と声が聞こえてきパンパンパンパン!あぁ~つだめ~パンパンパン!«Rnn.「おらっおらっ!パンパンパンパン
「あ~んだめ~、気持ちいいい~!」男がさらに激しくする。パンッパンッパンッ!

あっあっあ~あんっパンパンッパン.体全体が心臓になったような感覚に捕らわれる……。(これ……完全にセックスの音と声だよな……どういうことだよ……?)パニくりながら巻き戻してみる。2件目の客と楽しそうに会話してる彼女の声。今度の音はTVの音もないし、エアコンの音もそこまで聞こえないから結構クリアに聞こえる。会話の詳しい内容までは聞き取れないが、さっきのセックスの音はものすごくリアルだった。こうして書いてるとその時の感覚が戻ってくるな。心臓が少しバクバクしてきた。催してきたので一旦休憩します。てか、またあの録音を聞きたくなってきちゃったので聞いてくる。ちなみにこの話は現在進行形です。

常連客が彼氏の友人。
彼氏よりいっぱい抱かれてます……

みき、2歳は、克哉(7歳)と付き合って1年になります。じつは私、最近まで風俗で働いてました。デリヘルです。|彼氏との出会いはお客と風俗嬢の関係でした。数回の指名のあと告白されたんですが、サービス自体が本気だと勘違いしてしまうことはよくある事だし、適当に応対してたんですが……。でも……、だんだん彼とのサービスが仕事じゃなくなってきました。
仕事で感じることは彼以外でもあるんですが、彼のことを客としてじゃなくて、男性として意識しまい、好意を持ち始めた途端、サービスが恥ずかしくてできなくなりました。彼とさんざん話し合いました。付き合っても借金がまだあるから今すぐには仕事は辞めれない事。私が他の男にサービスしてるのを想像をして苦しくならないかとか。

下半身をギンギン
私の場合、特に擬似恋愛を意識して、恋愛に縁のない男性の指名を稼いできたので、余計に浮気感覚を持たれてしまうょうな気もして……。でも彼は私に辞める意思があって、仕事と割り切ってるなら大丈夫だと。今は苦しいけど、将来的な事を考えると付き合いたいって……。私はOKしました。彼のことをすでに本気で好きになってたんです。特定の彼氏がいながら、風俗の仕事をすることは初めてです。いない時は、仕事でもタイプのお客がいれば、仕事を忘れてサービスを楽しむ事もあったのですが、彼と付き合ってからはお金のためだけに仕事をしました。
|彼氏との付き合いも順調にいってました。私の仕事の話はなるべくお互い避けてたんですが、付き合って1ヶ月ほど経って事件が起きました。|彼が私に、自分の友人を紹介するようになったんです。風俗嬢だってことは隠してって頼みました。幼馴染の親友、高校の友達、仕事関係の友人など、かなりの人数の友達を私に紹介してくれたんですが……、内心ドキドキしてたことが見事に的中しました。
彼氏の友人の中に、私の常連客がいたんです。紹介された時、お互いすぐに気づくほど、かなりの関係だったんです。大抵、常連客には本番もOKですが、もちろんその友人(誠)ともかなりの回数をさせてました。私の中でお気に入りの、仕事を忘れるほど楽しんでたお客だったんです。彼氏から誠を紹介された時、私は他人のフリをしてたんですが、堪りかねたのか、誠が「克哉、俺……、この子の常連客だよ」3人だけじゃなく、その時には7~8人集まってた時の発言だったんで、彼氏はすごく悲しい顔を我慢して……。
「隠すつもりはなかったけど……、そうか、誠は知ってたのか」って気丈に作り笑顔でいいました。
「もしかして、誠以外も客だった奴いる?」
って、笑って聞いたり……。彼氏以外は誰も笑えませんでした。誠が言った一言でその話題は終わりました。
「克哉が風俗嬢って知った上で、付き合ってるんならいい事だよ」でもそれから彼氏には遠慮してしまうようになったんです。それと誠の行動が、あの時と違って来たんです。私を指名したんです。彼氏と付き合ってからは初めてです。罪悪感でいっばいでした。
拒否しようと思ったんですが、私は誠の部屋に行きました。いやー、ビックリしたよな誠はすごく嬉しそうに言いました。彼氏がいない時は、誠と過ごす時間は楽しいものでした。でも今回はすごく複雑です。どうして私を指名したの?「ジュン(源氏名)ちゃん、みきって本名だったのか」

 

エッチする相手を探

これからどうしよう、と途方にくれたそのとき、少女が頼れるのはお金だけになる。少女はもはや男は信じない。男は要らない。体がうずくから、適当にどうでもいい男とセックスすることはあるけど、要るのはお金だけ。
153cm。中肉。顔はかわいい系。色白。腰から下がしっかりしている。コンビニとデリヘルをかけもちしている。女子高卒業後、普通の会社に就職したけど、1ヶ月でやめ、デリヘルをはじめた。きっかけっていうのは特になくて、会社は面白くなかったし、高校のとき、援交っぽい経験もほんの少しだけどあったし、家も頼れないし、そっか、ちょうど彼氏に振られたのもあったかな。
振られたときは、ひどかったよ、彼氏の言い草が。カラダのことで、すっごい、ひどいこと、言われた。侮辱された。あ、これが本音か、って、がっかりした。デリヘルは、友達でやってる子がいて、話は聞いてた。すぐに決めたわけじゃない。何ヶ月か、悩んだ。体にも自信ない。おっぱいも小さいし。
張ってないし。貯金もなかったし、コンビニのバイトだけじゃ、生活できなくなってきた。保険とか、車のローンとか、支払いがたまって、やるしかない、と思いつめた。気がついたら、あるDに電話してた。すぐ面接に行って、すぐ決まった。実際にはじめるまでは、店の決まりで、口にできない恥ずかしいこともあって、最初のうちは、仕事を始める勇気がもてなくて、週間に一日くらいしか出なかった。最初はがちがちだった。何をどうすればいいのか、わからなかった。最初のお客さんがいい人で、親切に教えてくれた。なので、なんとかやれたのだと思う。たまに、変なお客さんがいて、つらいことばかり。楽しくない。お金だけ。ストレスがひどくて、このごろ、体がだるやめたいけど、やめれば生活できなくなるので、やめれない。
コンビニのバイトは、昼間やってるんだけど、ときどき、夜までのシフトが入る。その日はDは休む。コンビニも、ジュースとか担当だから、冷蔵庫にも入るから寒いし、商品はダンボールに入ってるから、重くて、つらいよ。Dのほうが楽って、思うときもある。店長が逃げちゃって、副店長もさぼりだし、パートとアルバイトが支えてるみたいな、変な店。こないだ、オーナーに、社員にならないかって、言われたんだけど、なるつもりはないの。なっても、給料は安いし、シフトはきつくなるし。いいことないって、社員の人をみててわかってるから。
Dはリピーターがついてくれて、おかしなお客さんって、ほとんどいないんだけど、一人だけ、本気で付き合いたいって、頻繁に通ってくるおじいちゃんがいて、困ってるんだ。そのうち、NGにするつもり。今、タイミングを考え中。だって、ね、おじいちゃんに言われても、ね。好きでもないし、信用できないし。今はお金だけ。たまったら、Dはやめるよ。でもね、Dも、けっこう、ひま。思ったほどは稼げない。あたしも悪いんだけどね、サービスって、ほとんどしないっていうか、したくないから。

クリトリスを剥きあげ

さらに和んだ雰囲気どうしたいの?「いや~、もう俺はみきちゃんと呼ぶよ。風俗嬢って意識はないよ。友達の彼女って感覚」罪悪感ないの?しゃぶってくれよ、みき「今回限りにしてくれる?」たまらんなあ、この関係誠は完全にこの関係に興奮してたんです。誠に対して嫌悪感は多少あったのでが、それとは別に、複雑な気持ちもありました。その証拠に私は誠にサービスしたんですから。
「おお、みきってやっぱり上手いね」
今日はお口でイッてね克哉には本番させてたのか?「ううん……してないよ。常連になる前に付き合ったし、彼も本番させてって言わなかった」
「もしかして克哉には、”本番させない子”って事になってる?」一番心配してたことでした。彼氏には、仕事では本番させないって嘘ついてたんです。
「大丈夫、俺は言わないし、今日の事は俺だって秘密にしたい。採めたくないし」確かにお互い秘密にしたいって事では一致してた。誠と私だけの秘密……、これに多少の興奮は覚えました。|絶対彼氏にはばれないって安心しちゃったんです。
私はイカせようと激しく必死に口と舌を動かしました。
「今日は口だけでイカせる気だな、そうはいかないなぁ」いきなり誠は私に入ってきたんです。
「ちょっと!生じゃん……だめだめ」絶対大丈夫、外出しするから言ったと同時に激しく動いてきました。私も仕事感覚はなくて、すごく体が熱くなってるんです。遠慮なく、すごい声を出してしまって……。おおお……イキそう誠は私の顔にかけました。彼氏とは何とか付き合ってます。それからしてしばらく、誠にまた指名を受けたんです。部屋に入ると……。
誠の他に、彼氏の友達が3人いたんです。
「秘密ついでに、今日は5Pしようよ」契約違反です。
しかし、私は言えませんでした。店に黙ってたら大丈夫だし、彼氏にも共通の秘密だから……。誠や他の友人に抱かれた回数は、彼氏以上です。
最近やっと仕事を辞めて、彼氏と普通に付き合ってます。でも……誠とはもう切れたのかなって思うと、少し寂しい気もしてます。
ある少女身長は152cm。昼はコンビニアルバイト高卒後は0Lもやる、夜は飲食店など18になってからはパブやおさわりパブなど。高卒後の今は昼はOL、夜はパブ。仕事は似ていても、少年の付き合っている少女ではないけれど、プロフィールは似ているところがある。実家(母とその妹との三人暮らし。
父は借金を作り、離婚後、少女が二十歳の頃、死んだという知らせが来た。嫌いで別れたわけじゃないので、母は今も元夫が好きだ)の生活が苦しいので、二重生活をして生活費を作っている。美少女。生活苦は感じさせず、あかるく、やさしい。デートしている人はいるが、好きと言ってもらえない。他の男を好きと思ってるみたい。デートのたびに体をあげてるんだけど、それでも、気持に気づいてもらえない。苦しい。とうとう、告白する。でも、結局だめで、その彼には、最後に、お前だといきにくいと言われてしまい、傷つき、生活を変えるため、地方に引っ越し、慣れ親しんでいるコンビニでアルバイトをする。
給料が少なく、生活は苦しい。間もなく、友達のある少女がストーカーに殺される事件が起こる。少女は報道で知り、ショックを受け、人生は短いと感じ、お金をためたくて、D(デリ)をやる決心をする。この少女だけではないが、生活が大変ということ。それで、少女もいろいろやるわけだ。
普通の仕事がほとんどだが、そのほか、メイド喫茶関係とか、JKビジネス関係とか、ライブチャットウエブカムとか、夜の店でのアルバイトとか、おさわり系とか、ピンサロとか、Dとかソーブもある。家のない少女は家出した少女などお金や泊まるところが欲しくて、声をかけてきたおにいさんやおじさんと寝たりもする。彼女らを批判しても何も解決しない。頼れる家、頼れる人がいたら、少女には別の道もあったかもしれない。信じていた彼に浮気されたりして裏切られたり、捨てられることも多い。


さらに和んだ雰囲気 吉原の風俗嬢にフェラのか気にするじゃないです 下半身ばかりが後ろ