デリヘル利用者の中にお金払っているので横柄な態度に出ても大丈夫と考えている人がいます

乳首に指先が当たるのが分かるけれど

クリトリスを集中的に攻めてくるこんなときどうやって気持ちを落ちつかせたらいいのか分からず、シャワーを入念に浴びて、まだ日が落ちていないのにパジャマに着替えて頭からお布団をかぶって寝込んでしまいました。
(何も悪いことしてないのに、何もいいことがないなあ……)なんて思いながら。
面接と研修ひどい出来事だったのは間違いありません。保田さんは許せない人だということも。それなのに……多分私が変なのだと思いますが、涙が出てこないし、怒りの感情も膨らんでこなかったんです。元々腹が立って仕方が無いなんていうことは、ほとんどない性分なのですが、これはいくらなんでも……そうは思うのに、逆に、保田さんが言ったいくつかのことは、まんざら無茶苦茶でもなかったとさえ思えてきました。
後ろからじゃなくて、保田さんの顔や姿が見えていたら、もっと嫌悪感の方でいっぱいになったんじゃないかと思いますけれど……確かに、ちょっとだけ……気持ちよかったんです。保田さんが早く終わったとき、え?もう?って、どこかで思っていたんです。あんなことを男の人に、もう何年もされていなかったっていうのも、保田さんに言われた通りでした。保田さんは最初の内なら冗談半分でしたから、実は腕を振りほどいて逃げようと思えばもっと早く逃げられたのに、私は本気で逃げようとはしていなかったかも知れません。私、なんだか変だ……どうしちゃったんだろう?お布団の中でもやもやと考えていたら、ふと別のことも思い出しました。
この間、高校のバスケ部の四人で集まったとき、絵梨奈の話題の中に、彼女の友達が高収入アルバイト募集っていう広告を見て面接に行ったら、風俗店だったっていう笑い話があったんです。
「あははは。でもさ、美優たちもう三五だしさ、そういうお仕事は年齢制限で門前払いなんじゃないの?」美優はそう言って笑っていました。高校生の頃と変わらず、彼女が自分のことを美優って言うのを聞くと何だがほっとしますけれど、それはともかく……「それがさ。その彼女、風俗面接だって分かった後もとぼけて、興味本位で色々話を聞いたらしいんだけどね、最近は需要が多様化していて、若くてかわいいだけがいいわけじゃないんだって」
「なあに^需要が多様化って?」私は聞いてみました。絵梨奈は会社を経営しているせいか、すぐそういう言葉を使いたがるんです。
「瑞穂は聞いたことがないかもねえ。知ってるかなあ?デブ専とか熟女好きとか。中には妊婦さんがいいっていう男もいるらしいよ。需要側も供給側も何考えてんの?って感じだよね」
「ふうん。経営者の話は難しいけど、確かにそういうの、テレビとかで聞くよね。芸人さんがふざけて言っているだけなのかと思った」
「お年寄りのお客さんも増えているらしくって、そういう人から見たら、あたし達くらいの年なら十分かわいこちゃんなんだって」

デリヘルを利用する場合の基本的な流れは次のようになります

それ、死語じゃない?「ははは。で、その友達はどうしたの?」美優と沙織も興味津津のようでした。
「『君、知らない人とエッチできるの?』って聞かれて無理ですって答えたら、すぐ帰されたって」
「あはははは。そりゃ、そうよね」そのときは、私も皆と笑って聞き流していたんです。でも今になって、なぜか保田さんにされたことと絵梨奈の友達の話が、ふたつ並んで頭から離れなくなりました。ちょっと、調べてみようかな……ようやくお布団から抜け出てみたら、いつの間にかもう夜中でした。私は、型がずい分古くなったスマートフォンで、高収入風俗募集などのキーワードと、縁がない私でも知っているくらい有名な、でも自宅からそんなに遠くない歓楽街の地名を並べて検索してみました。そうして一番上に出てきたのが「ソープランドカティサーク」というお店でした。そのときの私にはソープランドが何をする場所なのかもよく分かりませんでしたが、ドキドキしながら、そのお店のウェブサイトに入ってみました。結局、サイトを見た後も何をするお店かはよく分からなかったのですが、数分後には、そのお店のコンパニオン面接を申し込むメールを送信していました。おそらくこれが「君、知らない人とエッチできるの?」と聞かれる面接なのでしょう。そんなのに申し込むなんて、つい昨日までは考えもしなかったことでした。なぜ、そんなことを急にしたのか、今となっても分かりやすくは説明できません。
これまでの生活とは全然違うことがしてみたかったとか、私なんかにもまだ保田さんのような需要があるのか知りたかったとか、どうせろくなことがないんだからせめて高収入をもらってみたいとか、ネガティブ八○%、ポジティブ二○%くらいで、色んな思いが混ざっていたと思います。私はドキドキしながらソープランドの面接を受けに行きました。もちろん初めての体験ですし、予備知識はおそらく人
並み未満です。特に着飾ったり、いつもと違うメイクをしたりはしていませんでしたが、髪は結ばずに鎖骨まで下ろして、銀縁メガネも外して行きました。
何となくそうしたまでです。そのせいで視界が少しぼんやりとしていましたが、カティサークの店長さんが、頭が薄くて太っている普通の中年男性だということは分かりました。製田もくパンチパーマの人を想像していたので、まずそうじゃなかったのが意外でした。その店長さんとの面接で聞かれたことは、絵梨奈の友達の話から予想していたのとそれほど違わなかったので、私は案外落ち着いていました。年齢を三〇歳とサバ読んで、男性経験を大幅に膨らませて話しました。
「じゃあ、知らない人とも、ちゃんとエッチ出来るね?若い人からおじいちゃんまで色んなお客さんいるよ。大丈夫?」予定通りの質問もちゃんとありました。
「大丈夫です。
人妻デリヘル嬢さんと会う

膣の中は一挙に洪水になり愛液がドロドロに変わる

吉原の風俗嬢にフェラのか気にするじゃないです私、ストライクゾーン広いですから」全然大丈夫じゃないんですけれど、絵梨奈の話を思い出して、ここはそう言わないと追い帰されると思い、保田さんの言い方まで借りて言い張りました。
「そんなに経験豊富そうには見えないねえ。でも、そういう雰囲気も武器になるからね」どうやら門前払いは免れたようでした。
「そんなに若くはないし地味だけど、ふっくら童顔にスリムボディ、お肌がきれいで声も話し方も可愛いプチ熟女か。がんばれば癒し系で人気出るかも知れないねえ」それが店長さんの私への評価でした。年のことや胸がないことを心配していたので、なんだかうれしくなってしまいま「やっばり、需要は多様化しているんですね」
何それ?よく分かんないけど、お金貯めたかったら人気者になりなよ。色んな女の子を見てきたけど、人気の決めては「年や顔や胸じゃなくて、やっばり人柄と努力だよ」この面接でぐっと身が引き締まる思いをするとは、正直思っていませんでした。
「まあ、それはともかく、こういう店は初めてなんでしょ?じゃあ、即戦力ってわけにはいかないなあ」研修とかあるんですか?会社勤めの新人のときには三カ月間の研修期間の後に、正式部署配属になりました。
「研修っていえば、まあ、そういうことかな。先輩を一人つけるから、まずはその人に色々と教えてもらって。彼女に君がやっていけそうか判断してもらってから、店としても正式に採用するかどうか決めさせてもらうよ」そうして店長さんから紹介してもらった先輩の菜々子さんは、かつてはご指名ナンバーワンだったそうです。今はもっと若い人に席を譲ったそうですが(一番人気はやっぱり若い子なんじゃないのって、思いましたけれど)、ちょっとふくよかな愛矯のある美人で、いい人だなって直感しました。それと、もちろん先輩は先輩なんですが、本当は多分、私の方が年上だろうなって思いました。
「始めてから一○年以上経ったし、もういい年だから、そろそろ引退しようと思ってるんだ。お金も結構溜まったしね。ちょうどいいから、辞める前にあたしのスペシャルなテクを全部あんたに教えてあげるから、がんばりなよ」
菜々子さんは、そう言ってくれました。よ、よろしくお願いしますそんなに張り切られると、ちょっと荷が重いなと思う反面、どんなスペシャルなテクなのかな?と思って少しわくわくしました。実技は、菜々子さんの空き時間に、実際のお店の浴室で二人で裸になって、マットの上でローションまみれになって教わりました。女性同志でこんなことするのはものすごく恥ずかしかったのですが男性とでも恥ずかしいですけれど、菜々子さんからあんな風に言ってもらっていましたし、二時間実技指導してもらうのに一万円ずつお礼を渡すように店長さんから言われていたので、ものすごく真剣に習いました。

女子高生の生足とか見るとちんぽが反応する程度には制服好き

膣研究のキッカケになったのは風俗嬢に愛撫していた出てきたのは普段着
私には大金でしたが、三回分は保田さんからもらったお金で賄いました。
「わぁ……菜々子さんの体………すべすべで気持ちいい……」真剣は真剣なんですが、マットの上でぬるぬるになって菜々子さんと体を絡めていると、本当に気持ち良くて、私はつい思った通りつぶやいてしまいました。たくさんの男性が、この大きな胸の菜々子さんの柔らかですべすべの体に夢中になったのが分かるような気がしました。
「あんたを気持ちよくさせているんじゃなくて、あんたがお客さんに自分でしてあげなきゃいけないことを、やってみせているんだかられね?分かってる?いい気持ちになってないで、しっかり覚えなさいよ」密着した体をぐちゅぐちゅと音をさせて動かしながら、菜々子さんは苦笑いしていました。はい、すみません……あ………ええっ?そこでそんなことするんですか?なんか……あの……毛がジャリジャリしま菜々子さんは私の太ももの上に跨いで座って、股間を押し付けるようにして前後に動いていたんです。股間の毛をたわし代わりにして私の太ももを洗っているような動きでした。
「お客さんはそのジャリジャリが楽しいの」
「そうなんですか?うそみたい」
「あたし昔ここツルツルにしてたことあるんだけどさ、こういうお店だと、かえってつまんないかなって思って、止めたん」
「へえ。そういうことも考えないといけないんですね?でも、大体分かりました。
今度は私が自分でやってみますから、菜々子さんが男性役になってください」私達はマットの上で、上下の位置を入れ替えて、菜々子さんが下になりました。滑りやすくて、それだけでも私には結構大変でした。
「私胸小さいし、毛も少ないからお客さんはつまらないでしょうね。きっと」
「それが、そういうのが好きな人もいてさあ、ご指名のないフリーのお客さんで、そういう人に当たると、あたしなんかがっかりされちゃうんだよ。何でも個性だと思えばいいんじゃない?」
「何か不思議ですね。男の人って」
「そんな複雑なもんじゃないから、改めて深い疑問を持たない方がいいよ。あ、ちょっと待って。これ付けるの忘れた」菜々子さんは、ベルト付きのゴム製の男性のおちんちんを象ったものを、自分の股間に装着し始めました。こんなの、どこで売っているんでしょうか?
それ、今必要なんですか?「動くときにこんな邪魔なものないんだよ。それなのに一番大事なんだから、これ無しじゃ練習にならないよ」そうか……そうですねもちろん最初は全然上手くいきませんでしたが、菜々子さんは根気よく指導してくれました。あまりにも下手で申し訳なくなって、ある日、改まってそう言って謝ったら、菜々子さんは苦笑いをしていました。
「あんた、面接で嘘の経歴言わなかった?見かけによらず相当経験豊富らしいって、店長は言ってたよ」す、すみません……ばれない方がおかしいくらいの有様だったのです。菜々子さんから店長さんに「あの子の経験話は全部嘘で、全然だめだから、辞めさせた方がいい」って言われちゃうかなと思ったのですが、そうではありませんでした。
「確かに上手かないけど、あんた、優しくていいよね」
「体の触り方とか話し方に思いやりがあるっていうかさ。一緒にいる人を気持ちよくさせてあげたいって、自然に思っているんだろうね。
動きやテクは全然ダメなのに、一緒に練習しているだけで、あたしがほっこりするもん」そういえば、店長さんからも最初に癒し系と言われました。コンプレックスだった童顔や、長かった介護経験がここでは味方してくれたのかも知れません。
それと、ときどき練習中に菜々子さんのふくよかなまあるい肩がとてもおいしそうに見えて、思わず吸い付いてばぷばぷしちゃうことがあったのですが、菜々子さん、それをされるのが案外好きだったみたい。先輩としての体面もあって、はっきりとそうは言いませんけれど、そういうのも効いて思わぬ高評価に繋がったんじゃないかと思います。男性のお客さんに通じるかどうか分かりませんけれど。
「美人だとは思わないけど、無邪気な顔でお肌がきれいだし、話し方がおっとりしててかわいいからさ、遥が店に出るようになったら、メイクも衣装も思い切りかわいくしてみようよ」
熟女風俗嬢たちに同じ写真を見せたところ

風俗嬢の乳首に擦れるたびに私は身体を反応させてしまい

遥というのは、店長さんが私につけてくれた源氏名です。理由はよく分かりませんが、早々にそれだけは決めてくれたのです。菜々子さんは私がその名前でお店に出るのを、楽しみにしてくれているようでした。そんな風に思ってもらえているとは夢にも思っていませんでした。菜々子さん……ありがとうございます……でも、私、もう三〇過ぎですから、そんな、かわいいっぽいのはおかしいん「大丈夫だよ。えーっと、何て言うんだっけ……そうそう。虚構の世界なんだからさ。それに、そういう衣装とメイクの方が、胸が小さいのもマッチすると思うよ」どうやらギャル出身らしい菜々子さんは、メイクやファッションの知識と技術もすごいんです。ちょっと偏りはありますけれどね。
「ありがとうございます。そんなこと言われたの、初めてです」
「だからって、テクニックを覚えなくていいわけじゃないからね。あんた、そっちの方はひど過ぎるよ」分かっています。先生っ私が敬礼の真似をすると、菜々子さんは変な子と言って、また苦笑いしました。
その後も研修中は、菜々子さんには散々怒られたり呆れられたりしましたが、半月後には、「一時はどうなるかと思ったけど、びっくりするくらいいい感じになったね。エッチの才能もあるんじゃない?
た?」と言ってもらえるようになりました。大学を卒業したときよりもうれしくて、誇らしく思いました。この研修を経て、まずは週に二日だけ夕方から夜中の閉店まで、ついに私はソープ嬢としてお店に出ることになったの「ええっとね。
遥さんはお店のホームページのプロフィール上は、二八歳ってことにしておくから。そのつもりでね」店長さんからそう言われたときは、何だか犯罪のような気がしました。
「それくらいが普通なんだよ。お客さんも大体書いてある年に二、三歳は足して見てるから、正直に三〇歳って書いたら、三二か三三くらいだと思われるよ」本当はそう思われてもまだ有難いくらいでしたが。
「店によっては、実際はプラス一○才以上っていうところもあるから、そのくらいになると確かに犯罪っぽいかな。でも、うちは良心的な方だと思うよ」お店はともかく、私に限って言えば、やっばり犯罪の方に近いなって思いましたが、もう店長にお任せすることにしました。
ちなみに菜々子さんもお店ではまだ二〇代です。しかも今年の始めにこっそり一才若返ったそうです。お店に出るようになると、さっそく色んなお客さんがいてびっくりしましたし、イメージ通りにいかないことも沢山ありましたけれど、菜々子さんから教わったことをフルに活かして私なりに精一杯つとめました。
でも、どんな変なお客さんよりも私が一番驚いたのは、私自身のことです。男の人が、私の体やプレイにあんなに興奮してくれるなんて……男性にされると、私の体のあんな場所が、あんな風に気持ちいいなんて……学生のときに未熟な経験をしたことがある以外は、短いレイプが一回という経験しかない私には、信じられないくらいPOR°自分が女性だったことを思い出したというか、最初から知らなかったんじゃないかという気さえしました。お先に失礼しますはい。ご苦労様ある月曜日の夕方、私はビル掃除の同僚に声をかけて少し早め退社しました。同僚といっても、私より一回り以上は上の年齢の方ばかりです。

ピンサロ基本的な女ご覧になって肉棒

セックスをまた気分よく職場に戻れるでしょう
亡くなった母くらいの人もいますその後、結んでいた髪を下ろしメガネを外して私はこれを一次変身と呼んでいましたが、カティサークに出勤しH6おはようございます「あ、遥さん。よかった。ご指名のお客さんが、もうすぐ来るって電話があったばかりなんです。急いでください」出勤するとすぐ、住み込みのボーイさんからそう言われました。私ですか?菜々子さんのご指導のおかげだと思うんですけれど、早くも、稀に、リピートでご指名をいただけるようになっていた「はい。
分かりました。すぐ準備します」今日私が使うことになっている二番の個室浴場に入って、自分用の備品を並べ始めました。お風呂のすぐ横に間仕切りも何もなくいきなり簡素なべッドが置いてある、こういうお店独特の個室浴場です。小さなドレッサーも置いてあって、お客さんがいないときはここが私の控え室なんです。出勤している間は、ここに住んでいて、自分の部屋にお客さんをお招きするみたいな感じです。他の人と共用の大部屋の控え室もあって、どちらを使ってもいいと言われていましたが、私は個室を使うことにしていH6べテランと言われている菜々子さんでさえ私より年下なんです。他の人はきっと皆若くて、話が合わないだろうと思いましたし、あのバスケ部の三人以外は、同い年でも合わないことが多いんです。
菜々子さんも個室待機派なので古株になってからそうなったそうです、菜々子さんだけには、お互いのお客さんがいないタイミングを見計らってお部屋に挨拶に行きますけれど、他の女性とは全く顔を合わさないことも多いんです。
それはともかく、私は急いでドレッサーの前に座り、二次変身に取り掛かりました。菜々子さんに選んでもらったお店用の下着と衣装に着替えて、瞳が大きくなるカラコンを入れて、菜々子さんに教わったメイクを入念に施しました。菜々子さんに書いてもらったメモを持って、ウォータープルーフなんとかとか、使ったこともないような化粧品の数々を買い揃えに行ったときは、わけが分からなくて初めてお使いに来た小さい子みたいな気分でした。
さらにつけまつげをつけると、鏡の中にビル掃除をしている瑞穂とはまるで別人の癒し系コンパニオンが現れま
お客さんには違和感なく「二、三歳さば読んだ二八歳」くらいには見えるようでしたし、中にはもっと年下だと思ってくれている人もいたので、自分でも気に入っている姿でした。おはよう、遥。今日も頑張ろうね分にそう声をかけていると、個室の内線電話が鳴りました。
「遥さん、ご指名の客さんみえました」私は急いでバスタブにお湯を入れ始めると、待合室のすぐ外までお客様をお迎えに行きました。さっきのボーイさんが二次変身した私を見て、初めてではないのに驚いたような顔をしてくれたので、ちょっといい気分でした。


吉原の風俗嬢にフェラのか気にするじゃないです セックスまでいく事はその日はありません オマンコに彼の友達